妊活に葉酸・豊富に含む食材

6211274

「彼と子供が欲しいという話はしているけど、なぜか全く妊娠する気配がない…」
「妊活を意識しているはずなのに、なかなか目に見えて現れるほどの成果が出てこない…」
などなど、妊娠について思い悩んでいる女性はすごくたくさんいるのではないでしょうか。
妊娠は誰でも簡単に出来るものではありません。
まず妊娠しやすい身体づくりをしなくてはなりませんし、それでももともと体質的に妊娠しにくかったり、不妊治療をしなければと迫られる場合もあります。
妊娠しようと思ったら、まず妊活をする女性がほとんどだと思いますが、あなたは何をしていますか?
「体を冷やさないようにしている」「妊娠に効くと言われる飲み物を飲んで、適度に運動をしている」などといった意見が多いでしょう。
しかし、それらよりも一番に成果的なのが「葉酸サプリ」です。
葉酸サプリは、妊婦さんが積極的に吸収摂取すべき葉酸をたっぷりと配合したサプリメントで、効率よく吸収摂取することができます。
また、毎日の食事からの吸収摂取もポイント。
豊富に含む食材は、主にレバーや緑黄色野菜、うなぎが上げられます。
ただ、葉酸は「熱」「光」「水」に弱いため、これらを避けた料理をしなくてはなりません。
例えば、ブロッコリーを普通は茹でるところを、蒸して火を通すようにする、などです。
葉酸をサプリメントからも毎日の食事からも上手に吸収摂取できれば、妊娠しやすい体にすることがでるようです。
ぜひ積極的に取り入れていきましょう。

スポンサーリンク

ライチを食べよう

あなたは、果物が、好きですか?
果物の中でもいろいろでしょうが、だいたいの人は、「好き」と答えるかと思います。
「りんごは体にも良いし、シャキシャキしてて大好物」「甘酸っぱくてみずみずしいオレンジなら、どれだけ食べても飽きないわ」などなど、それぞれお気に入りがあるでしょう。
しかし、中には「糖分が、ありそうで太っちゃうんじゃないかと思って食べない」と避けている人もいるのでは?
実は、それはすごくもったいないことなのです。
特に、妊娠したい方や妊娠中の人には積極的に吸収摂取して欲しいところ。
その理由は、果物にも「葉酸」が含まれているからなのです。
葉酸は、今や「葉酸サプリ」として注目を集めている、たくさんの妊活している方に愛用されている商品ですよね。
それほど成果が期待できる葉酸ですが、なんと、あの「ライチ」にたっぷりと含まれていることをご存知でしたか?
歴史の中でも有名な美女である、楊貴妃が愛したともされる「ライチ」。
あの実の中には100gあたり100μgもの葉酸が含まれています。
厚生労働省が妊婦に奨励している1日の吸収摂取量が400μgですから、これだけで25%も補うことが出来てしまうのです。
そのほか、ライチには美肌に欠かせないビタミンCや、高い抗酸化作用のあるポリフェノール、アントシアニンなどもバランスよく含まれています。
妊娠の有無に関わらず、女性ならば積極的に吸収摂取すべき果物ですね。
これからはぜひ、毎日の毎日の食事にライチを取り入れてみては?

イチゴに葉酸がたっぷり?

ショートケーキやジャムなどによく使われる「イチゴ」。
果物の中でも、イチゴが一番好きという人も多いのではないでしょうか。
プツプツとした食感に甘酸っぱい味わいがたまりませんよね。
しかし、妊活をしている人でよくこのような声を耳にします。
「フルーツって脂肪になるって言われている果糖がたくさん含まれているから、食べないようにしている」
「産後太りしたくないし、今から毎日の食事に気をつけようと思って…」
などなど、自らフルーツを避けている現状があります。
しかし、フルーツは妊活中の人もぜひ積極的に吸収摂取して欲しい食材。
中でも「イチゴ」は女性に特におすすめのフルーツなのです。
その理由は、「葉酸」という栄養成分にあります。
今では葉酸サプリとして、世間に知れ渡っていますよね。
あのプロゴルファー東尾理子さんや、タレントの藤本美貴さんが妊娠中に愛用していました。
葉酸には新しい細胞を作ってくれたり、肌トラブルを改善してくれたりといい所だらけ。
そんな葉酸をギュッと1粒に凝縮したのが「葉酸サプリ」になりますが、なんとイチゴには90μgもの葉酸が含まれているのです。
高い葉酸サプリに手を出さなくても、イチゴを毎日食べていれば葉酸の成果が期待できます。
更には虫歯予防に成果的なキシリトール、便秘解消に役立つペクチン、疲労回復に一役買ってくれるクエン酸などが含まれています。
健康の素とも言えるイチゴを、これからぜひ積極的に食べてくださいね。

森のバター風味のアボカド

あなたは「アボカド」を食べたことがありますか?
あの見た目からはよくわかりにくき、濃厚な味わいが個性的です。
「あの独特な癖のある風味が苦手…」という人もいるでしょうが、「マグロのトロみたいで、わさび醤油で食べるのがすごく美味しい!」と好む人も多いことでしょう。
アボカドは、果物の中でも最も栄養価の高い果物として知られ、ギネス世界記録に認定されているほど。
ほかのフルーツにはない、たくさん含まれている脂質で、またの名を「森のバター」とも呼ばれています。
そのためカロリーも高いんですが、女性は「太りそうだから」と敬遠しがちですが、それは全く逆。
アボカドに含まれている脂質は「オレイン酸」と呼ばれる良質な油で、脂肪燃焼成果が期待でき、悪玉コレステロールの低下にも役立ちます。
更には老化を防止してくれるビタミンEもたっぷり。
髪や皮膚をツヤツヤに保ってくれる、女性ならば積極的に取り入れるべき食材なのです。
そんなアボカドですが、妊娠中の人もぜひ食べてください。
つわりで油っこいものが食べれないというのなら仕方ありませんが、そうでなければ積極的に食べましょう。
その理由は、アボカドには「葉酸」が豊富に含まれているから。
「葉酸サプリ」としてたくさん知れ渡っている名前ですが、この栄養成分はアボカドにもあり、大体84μgほど。
葉酸サプリを吸収摂取するよりも、ずっと安く手に入れられます。
ぜひ、妊活中の方やダイエット中の女性も、アボカドを積極的に取り入れていきましょう。

葉酸を豊富に含む野菜ランキング

あなたは妊娠するために、どのようなことを意識していますか?
「できる限り体を冷やさないように工夫している」「適度な運動をして、毎日の食事の栄養バランスに気を使っている」などなど、日常生活にちょっとした工夫をしている方がほとんどでしょう。
しかし、それで本当のところに何かしらの成果がありましたか?
たぶん、本当に成果が出ているのかどうかわからないというのが本音だと思います。
確かに体を冷やさないのも運動するのも大切なことですが、それ以上に成果があるのが「葉酸」です。
葉酸サプリとして世間に広く知れ渡っている栄養成分ですよね。
この葉酸には、お腹のなかの胎児の体を作る役目があり、母子共に健康を維持してくれます。
そんな優れものの葉酸ですが、これにはサプリメントからだけでなく、毎日の食事内容に取り入れるのもポイント。
そこで今回は、つわりの時にも食べられる、葉酸を豊富に含む野菜をランキング形式でご紹介しましょう。

まず第1位が「枝豆」です。

さやに入っているため、葉酸が流出することがありません。
食べやすく、手軽に吸収摂取できます。

第2位が「モロヘイヤ」。

葉酸は水溶性ビタミンで水に溶けだしてしまいますが、スープなどに入れてしまえば、丸ごと吸収摂取できます。
モロヘイヤは癖もなく料理しやすいので、積極的に食べましょう。

最後に第3位が「ブロッコリー」。

葉酸の吸収を高めてくれるビタミンCも豊富で、効率よく吸収摂取できます。
食べる時は茹でるのではなく、必ず蒸しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました