アンチエイジングに納豆

アンチエイジングに納豆

アンチエイジングの鍵が「ポリアミン」にあることをご存知でしょうか。
ポリアミンは納豆にたくさん含まれている成分でアンチエイジングと動脈硬化予防に効果があります。
ポリアミンのバランスを整えることで体内における濃度を高くして動脈硬化を予防することができます。
そうして血管を若々しい状態で保つことで、アンチエイジング効果もかなり期待できます。
納豆にはポリアミン以外にもアンチエイジングに効果のある成分が含まれています。
老化は高血圧、高脂血症、糖尿病などを始めとする生活習慣病と強く関係しています。
生活習慣病の裏には動脈硬化が潜んでいることがあります。
動脈硬化が起こることで、先ほどの高血圧などの生活習慣病を発症するのです。
動脈硬化の進行によって、全身の老化現象を起こしたり病気の原因となります。
老化を防ぐためにも動脈硬化を切り詰めることが大切です。
そこで活躍するのが納豆です。
納豆には動脈硬化の主犯格LFA-1を抑制する効果があります。
結果動脈硬化を予防、改善効果を期待することができてアンチエイジングにつながります。
ポリアミンがたくさん含まれている食品を食べて動脈硬化を予防し、アンチエイジングを促進することをポリアミンバランスと呼んでいます。
そうしてこのポリアミンバランスこそがアンチエイジングの鍵としているのです。
アンチエイジングのためには終始若い気持ちを持つというメンタル要因と食事などに気をつけて体調管理を行うことが大切です。
ポリアミンは健康長寿の鍵も握っています。

スポンサーリンク

まだまだある納豆のアンチエイジング成分

納豆に含まれる成分でアンチエイジング効果がある成分は、ポリアミンの他にもたくさんあります。
納豆にはアンチエイジングに役立つ成分が豊富に入っています。
老化の大敵、アンチエイジングの邪魔者は活性酸素の存在です。
余分な活性酸素が酸化されることでシワやシミなどの原因となってしまいます。
活性酸素の働きを押さえるために、抗酸化作用のある納豆は最適な食べものなのです。
納豆のアンチエイジングに効果のある成分、それでは「たんぱく質」です。
人間の体の細胞の主原料がたんぱく質です。
皮膚を若々しく保つには欠かせません
納豆は大豆からできています。
大豆はとても栄養価が厳しく豊富にアミノ酸を含んでいます。

次は「ビタミンB2」です。
細胞の再生をする働きがあるビタミンB2は、皮膚や髪や爪を作って貰える。
美しい肌をいつまでも保つために欠かせない成分です。
次は「ビタミンE」です。
皮膚細胞内の水分と油分のバランスをうまくとることができます。
皮膚の状態を一番良い状態に作り上げる効果があります。
活性酸素の働きを押える働きもあります。
次は「カリウム」です。
カリウムは細胞が新陳代謝をするときに欠かせない成分です。
カリウムがあることで皮膚細胞が活性化します。
次は「レシチン」です。
血行を良くする働きがあるので、皮膚細胞に酸素や栄養素をちゃんと送ることができます。
次は「サポニン」です。
活性酸素をなくす働きがあります。
過酸化脂質の発生もおさえる働きがあります。
最後は「イソフラボン」です。
納豆の原料である大豆の主成分と言えば「イソフラボン」です。
イソフラボンは女性ホルモンという働きを通してくれるので、年齢によって減ってしまうホルモンを補充することができるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました