アンチエイジングに効く成分

アンチエイジングに効く成分
アンチエイジングにとってははずすことができない、若さを保つためのお勧め成分をいくつか紹介します。
一つ目は「コラーゲン」です。
コラーゲンは体の柔軟性やフレキシビリティーや、伸縮性やしなやかさなどを保つことが出来るたんぱく質です。
コラーゲンには美肌効果があるとして有名ですが、それ以外にも骨、血管、髪の毛、歯ぐき、爪など全身で使われています。
体の様々な部位にとって大切な成分であるコラーゲンですが、30歳を過ぎると自分の体内で生み出す力が落ちてきます。
そのためコラーゲンの量が減ってしまいます。
コラーゲンドリンクやサプリメントなど、外部からコラーゲンを取り入れることで、アンチエイジングを促進することが出来るのです。

2つ目は「ヒアルロン酸」です。
体内に水分を保持するために重要な働きをする成分です。
スポンジのような抜群の保水力をもっています。
ただしこのヒアルロン酸量も年齢とともに減少していきます。
ヒアルロン酸は関節部分に間接液として、間接に衝撃が加わらないようにクッションの役割を果たしています。
また血管の柔軟性を良くして、ドライアイを予防する効果もあります。

3つ目は「エラスチン」です。
コラーゲン同士を固定することで支えてくれる、ゴムの働きを持ち合わせています。
エラスチンも年齢とともに、体内で編み出す力がなくなっていきます。
エラスチンが不足すると、肌のシワやたるみの原因となります。
エラスチンは肌に潤いを送るだけではなく、靭帯や軟骨や子宮や肺などの伸縮性も保っています。

アンチエイジングに欠かせない成分の4つ目は「レチノール」です。
ビタミンAの別名をレチノールと言います。
アンチエイジングの大敵ともいえる活性酸素を減らします。
目の疲れを改善する効果があります。
皮膚や粘膜を強くしてくれます。

5つ目は「ビタミンC」です。
活性酸素を除くための強力な抗酸化力があります。
紫外線によって作られてしまったメラニンの働きを抑制する働きもあります。
コラーゲンを生み出すための力を貸してくれるのもビタミンCです。
美肌効果もあります。
加齢による体のサビを修復するのに「ビタミンC」は欠かせません。

6つ目は「セラミド」です。
皮膚表面にある皮脂膜の下にある角質層がセラミドです。
細胞と細胞を組み合わせる役割を果たしています。
肌を細菌感染から防御し、乾燥やシワからも守ってくれます。
このセラミドも加齢とともに減ってしまうため、シワを増やして肌の老化を進行させます。
大切なのは肌自信の本来の力であるバリア機能を落とさず、セラミドを摂取吸収していくことがアンチエイジングにつながります。

7つ目は「アミノ酸」です。
体の元をつくつたんぱく質、このたんぱく質の元になるのがアミノ酸です。
肌の潤いやキメ、弾性をキープするなどのアンチエイジング効果を発揮します。
アミノ酸は体の元気のもとになります。
アミノ酸が減ってしまうと体や皮膚が委縮して小さくなってしまい、シワやたるみとして現れてきます。
アミノ酸をバランスよく体内に入れることがアンチエイジングには欠かせません

コメント

タイトルとURLをコピーしました