life-acre.net

近視の原因

スポンサーリンク

視力回復をするためには、さまざまな方法があるわけですが、手術などの手段を用いないで視力回復を行おうと思った場合、どうしても視力が落ちた原因というものを知っておいた方が良いでしょう。
また、手術などでいっぺんに1.5程度まで視力を戻したとしても、何しろ視力が落ちる原因を知らないでいると、ふたたび、視力は落ちてしまう。
手術をしたから今や永遠に1.5でいられるとしているかたも多いようですが、本当はそういうわけではないのです。
視力が落ちて仕舞うような悪い癖が残っていたり、低い環境の中にいることで、また視力は落ちてゆきます。
ですから、取り敢えず原因は知っておくべきだと思います。
原因を知っていれば、視力回復のための方法もよく理解出来るでしょうし、ようやっと回復した視力をまた悪くしてしまうこともないでしょう。
主として、視力が悪くなる原因のいくつかは、皆さま、更にご存じですね。
ただ、最初にひとつお話しておきたいのは、近視になって仕舞う確かな原因というものは、現在のところまだまだ解明されていないのです。
どれもが、ひとつの「説」でしかないのですね。
これは、皆さまにとって意外な事実であったかもしれませんが、事実そうなのです。
無論、長い研究の末の有力な説ですから、思いっ切り、参考にして下さるものばかりです。
それを踏まえたうえで、近視の原因というものを知っていただけたらとしています。

近視の原因・親が近視のために遺伝?

本日は具体的な視力低下の原因についてお話してみたいと思います。
皆さまが、視力低下の原因だと思っているのは、どのようなことでしょうか。
一般的によく言われているのは、両親あるいは片方の親が近視のために遺伝したから・・・ということでしょう。
そうして、もうひとつはテレビを近くで見続けたり、パソコンにいつ間もかじりついていたり、ゲームばかりやっていたから。
さらに、明るさが不十分な場所で漫画や本を読んだりしていたから。
多くのかたがたは、これらのことが原因だと思っていらっしゃるのではないでしょうか。
いざ、その通りで間違ってはいません。
これらは、視力が落ちる原因として上位に言えるものです。
遺伝に関しましては、視力に関する遺伝子までもが特定されています。
それを紐解きますと、幾つの時に近視になり始めて、幾つまでにどのあたりまで進行するのか・・・そのようなことまでがうまれつき決まっていると考えられているのです。
これはもの凄いことですね。
また、通常、近視は8歳から12歳までの間に発現して、ほとんどの場合、青年期を通じてだんだん進行してゆき、成人になると頭打ちになるということもわかっています。
遺伝が原因となりますと、視力回復の方法などないのではないかと心配されるかたもいらっしゃるでしょうが、こんなことはありません。
遺伝だからと諦めずに自分自身で一生懸命トレーニングする方法もありますし、手術してしまえば直ちに視力回復しますから、安心して望むと思います。

近視の原因・テレビやパソコン画面を長時間見続けると

近視の原因は遺伝だけではありませんね。
遺伝のほかにも、当然のように仰る原因がありますが、それはテレビやパソコン画面を長時間見続けるということです。
テレビを見極めるまま、たちまち真ん前を陣取って観積み重ねるというかたは、そんなに安いと思います。
ですが、最近では大画面のテレビを購入しているお宅も非常に多くなりました。
その画面の大きさと比較したときに、さきほどすぎるのではないか、という位置でご覧になるかたは多数いらっしゃると思います。
また、テレビ画面でゲームをするような時折、総じてテレビの真ん前で画面を観ながら行ううことが多いでしょう。
しかも、ゲームですから、まばたきする間もなくテレビ画面を凝視することになりますね。
それでは、これらを改善する方法があれば一番良いのですが・・・。
このような事を毎日、数時間ずつ続けたとして、ほとんどのかたが視力の低下を実感するのではないでしょうか。
但し、このようなことが視力低下の原因だと断言出来ないでいるのは、このような事をしても、視力の低下があまりない人もいらっしゃるからなのですね。
大多数のかたが視力低下しても、数人ほどでも変化のないかたがいれば、それは100%ということにはなりませんからね。
ですが、このような行為は一般的に視力の低下を招く行為であるのは事実です。
ならば、視力回復を望むのであれば、このような事はとっくにさらにするべきではないでしょう。
何らかの方法によって視力回復を果たした後でも、このような行為をすることで、また元に立ちもどる可能性も充分にありますから、注意をしなくてはなりません。
パソコンで仕事をしているかたは、その仕事をやめるわけにも行きませんからね。
であれば、その場合には1時間画面に向かったらチラチラっと休むなどの配慮が必要でしょう。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top