life-acre.net

視力回復方法・レーシック

スポンサーリンク

レーシックについては、各種噂が飛び交っているのですが、皆さまは、どのようにお感じになっているのでしょう。
近視のかたでしたら、ひとたびはやってみたいと思う視力回復方法ではないかと思うのですが、いかがでしょうか。
レーシックという方法は、極めて簡単に説明するとすれば、角膜をレーザーで屈折率を調整し、視力回復を図る方法のことを言います。
眼球の内部ではないにしろ、角膜に傷をつけるわけですから、リスクも背負うことになります。
ですが、ひと度レーシックを実施してしまえば、その後は更に器具などを一切使用せずに、1.5程度の視力が終始手に入るわけです。
レーシックを行ったかたからは、本当に生まれ変わったような気持ちになったという話をよく耳にします。
そんな素晴らしい視力回復方法のレーシックではありますが、とにかくこの手術を受ける前に、お先に知っておいてほしいことが、いくつかあります。

合併症や後遺症が

視力回復は万能のように語られるレーシックではありますが、予め合併症や後遺症が顕れることがあるのですね。
また、行った全てのレーシックが成功についてにはいきません。
ごく稀ではありますが、失敗としか思えない症状が出てしまう場合もあるのです。
現在、大人気のレーシックですから、わかり易い説明をした方が良いでしょう。

視力回復方法レーシックの落とし穴

視力回復の方法として、現在最も脚光を浴びているレーシックですが、この万能と思える視力回復方法にも、多少のリスクはつきまといます。
現にレーシックを受ける前に、それらを知っておいた方が良いと思いますので、本日はレーシックによる合併症と後遺症についてお話してみたいと思います。
やはりこれらの合併症や後遺症に関しましては、全員が発症するわけではありません。
多くのかたが発症する症状もあれば、極めて少数のかただけが発症する症状もありますことを踏まえたうえで、お読み下さい。

合併症と後遺症・ドライアイ

レーシックを受けることによって、割と多くのかたに症状が出てしまうのが「ドライアイ」です。
これは、目が乾燥するという症状でありまして、レーシックを通していなくても、コンタクトレンズを長時間つけているかたに数多く生じる症状として有名です。
もともと涙の量が少ないために、目薬がないと目が乾燥して痛みも出てくることになります。
レーシックの場合には、レーザーを角膜に放射する際に涙腺も一緒に焼いてしまうことになります。
ですが、この涙腺は3カ月程度で再生して貰えるが、それまでの間、ドライアイの症状が出るということになります。
レーシックの後、さらにというわけではありませんし、がんらいドライアイを感じたことのないかたであれば、症状が出ない確率も高いですから、それほどの心配は取り除けると思います。
レーシックを受ける前から、ドライアイ気味であったかたは、症状が再度ひどく発生する可能性はあります。
3カ月程度の間は、頻繁な目薬で対応すれば大丈夫でしょう。

視力回復方法・ハロ・グレア

視力回復なら、レーシック・・・と言われるくらい最近では人気のレーシックですが、多少の合併症や後遺症はありますので、注意を通して下さい。
今のところ、リスクゼロで視力回復する方法といえば、メガネか目のトレーニング法しかありません。
他の方法には、幾らかリスクがつきまといます。
レーシックに関しましても、前回お話いたしましたドライアイだけに留まらず他にもいくつかあります。
今回も専門用語になりますが、「ハロ・グレア」という症状が出る場合があります。

ハロ・グレア

近視のかたでしたら通じるかもしれませんが、夜間に外灯や車のライトなど光るものを見たら、異常にまぶしく感じたり光がすごく思えたりする症状です。
これはレーシックによって矯正された部分と、そうでない部分から来る光が、乱屈折を起こすために起こる現象なのですね。
この症状が出やすいタイプのかたがいまして、薄暗いところであっても黒目のサイズが広いかたがそれに当てはまる。
これを暗所瞳孔径(あんしょどうこうけい)と言います。
ハロ・グレアの症状が出ることで何が弱るのかと申しますと、夜も光の多い場所に行きますと、まぶしく捉え、だんだん街全体がぼやけて思えるようになります。
とくに気をつけたいのは、夜に車の運転をなさるかたです。
ハイビームなどの光が異常にまぶしく見まがうようになるでしょう。
ですが、やはり車の運転ができなくなるということはありませんし、暗所瞳孔径は年を取るとともに小さくなってゆきますから、だんだんまぶしさが改善されてゆくことも考えられます。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top