life-acre.net

視力回復方法レーシックでの失敗を考える

スポンサーリンク

皆さまの多くが万能として来る視力回復方法のレーシック。
これも各種合併症や後遺症についてお話させていただきましたが、断じてリスクのない万能な方法と言えるものではありません。
ですが、だからといって広く後悔するような合併症や後遺症が少ないことも事実です。
ところで、このレーシックという視力回復方法には「失敗」についてがあるのでしょうか。
それともないのでしょうか。
あるとしたならば、それはどういう状態を言うのでしょうか。
先ず、お尋ねしたいのは、レーシックでの失敗といいますと皆さまはどういう状態をお考えになりますか。
恐らく多くのかたは、真っ先に失明を考えるのではないでしょうか。
もしくは、おそらく視力が回復しなかった場合などではないでしょうか。
とっくのことになりますが、某医院におきまして、レーシックに使用する器具の消毒を怠っていたために、失明したという例がありましたね。
当時は非常に騒がれました。
ですが、実際にはレーシックという手術そのものが原因で失明したという例は、現在のところ世界中にわずか一件もないのです。
別の意味で驚かれたかもしれません。
ただし、これでずいぶんと安心していただけたのではないでしょうか。
では一体、レーシックにおける失敗とはどういう事だとお思いですか。
失明ではなく、失敗についてがあるのでしたら、ぜひともその内容を引っかかるですよね。

レーシックにおける「失敗」について

レーシックにおける「失敗」についてのお話でしたね。
例えば、レーシックで2.0まで回復した視力が、その後しばらくして、1.5程度まで落ちてしまったからには、あなたはそれを失敗だと思いますでしょうか。
では、1.0まで回復した視力が、0.5程度まで落ちてしまったら、それはどうして思いますか。
とも0.5下がることになるのですが、とらえる感覚は人によって違いますでしょう。
恐らくは、後者のほうを失敗だととらえるかたが多いのではないでしょうか。
前者のほうは、かりに1.0まで下がるとしても失敗というかたは、そう小さいように思います。
レーシックにおける失敗というのは、そういうことであるのです。
ですが、これはよくあることで、「失敗」とは言い難いものでもあります。
レーシックという手術につきはないからですね。
本当に、元の視力まで戻って仕舞うということはありませんが、視力がちょっぴり下りるケースは多いと言えるでしょう。
理由は、角膜を止めるわけですから少なくなった角膜に眼圧が加わることで、もう、角膜の形状が変わってしまうということが挙げられます。
また、人間の身体というのは、傷付いた部分を元に戻そうとする働きがありますから、こうした作用によって角膜の厚みが増すことも考えられます。
ひいては、以前、ブログ内でもお話してきたように、視力低下する原因となる行為を続けてしまったために視力低下を招くこともあるでしょう。
レーシックは素晴らしい視力回復方法ではありますが、回復した視力が永遠に続くわけではないということも覚えておかなくてはならないでしょう。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top