life-acre.net

ブーツのクリーニング

スポンサーリンク

ブーツのクリーニング

あなたは靴を洗う時にどうやっていますか。

スニーカーならたわしでごしごししてもいいでしょう。

しかしながら、ブーツとなるとどんな洗い方をすることによっていいか分からないはずです。

変なことをして履けなくなってしまうとおもうのです。

そこでブーツのクリーニングを紹介しましょう。

当然自分自身で汚れを落とすことも出来ますが、専門業者出来れいにしてもらう方がいいでしょう。

特にカビが生えてしまったブーツは容易ではありません。

カビの予防をしておけばいいのですが、不完全な予防では効力がないのです。

さて、クリーニングの手法に対して解説しましょう。

本質的には一つ一つ手洗いです。

特殊な洗剤を利用する点が違うだけです。

ですので、ポイントだけをマスターしておけば自分自身でクリーニングすることも可能でしょう。

ただ、面倒くさくてす。

ブーツのカビは外装から徐々に奥に広がって行きます。

早めに対処した方が容易に洗い落とせます。

外装だけなら優しく拭くだけで十分だからです。

どんな洗剤を利用するのでしょうか。

お酒を含ませた洗剤です。

業者によってはマイクロファイバーバブルを利用しているケースもあります。

クリーニングに出す前に泥等の汚れは自分自身で取り除いておきましょう。

又、カビの広がり具合を見ておくことを忘れないようにしてください。

クリーニングから戻ってきて、カビがきれいに落ちているかを確認するのです。

いつまだとしてもブーツを履き続けたいとおもうなら、日ごろからお手入れをしておくことが重大です。

スポンサーリンク



ブーツを洗う

ブーツが汚れた時はどうしますか。

自分自身で洗うことが出来れば一番ですが、あまり容易ではありません。

ただ、ブーツを丸洗い出来る洗剤が登場しました。

当然、カビ予防にも役立ちます。

どうしてもひどいカビが生じていると、クリーニングに出さないときれいにならないかも知れません。

結局、汚れやカビは早めに対処することが重大と言うことでしょう。

クリーニング市場では革生産品を丸洗いせずに、水を使わないドライクリーニングを行っています。

ドライクリーニングによって革が傷むこというのは避けられますが、その分汚れやカビは落ちがたくなってしまいます。

専門業者のケースは、丸洗いするのではなく、1品ずつ手洗いが基本です。

しかしながら、それでは手間がかかりますから、クリーニング代も決してお安くありません。

自分自身で洗うことが出来れば一番お安くて済みます。

又、定期的に洗っておけば、カビ予防にも最適でしょう。

革生産品を自宅で洗うための特殊な洗剤を利用してみてください。

決して一定水準の洗濯用洗剤を利用してはいけません。

縮んだり傷んだりするでしょう。

折角の大お好きな物のブーツであるのなら、キーポイントにしておきたいものです。

そして、いつまだとしても履き続けられるようにお手入れをしておきましょう。

革生産品を洗うことが出来る洗剤は特殊ですので、何処にだとしても売っているわけではありません。

通販サイト等限られたところで取り扱っています。

その効力は現実に試してみなければ分かりませんが、十分期待していいでしょう。

おススメのブーツカビ取り

ブーツのカビ取りは出来るだけ避けたいものです。

しかしながら、大お好きな物のブーツだとしてもちゃんとカビ予防をしておかなければ、カビを避けるこというのは出来ないのです。

さて、カビが付いてしまったブーツをどうやって元みたいにきれいに出来るのでしょうか。

いくつかおススメの手法があるでしょうから、紹介しましょう。

お安く済ます手法もありますし、高いけど確実な手法もあります。

どれがいいかは自分自身で判断しなければなりません。

お安く済ます手法は自分自身で洗うことです。

当然、一定水準の洗剤を利用して革生産品のブーツを洗うと、縮んでしまうことになりますから、それは出来ません。

自宅でブーツを洗うことが出来る洗剤が出現していますから、一度試してみるといいでしょう。

クリーニングに出したケースも、水を使わないドライクリーニングとなることでしょう。

しかしながら、それではカビの除去は不十分です。

水を使わない分だけ、洗浄力が落ちるからです。

ブーツを専門的に取り扱っているクリーニング業者であるのなら、一つ一つを手洗いしてくれますから、かなりのカビが取り除けます。

その分だけ費用はかかります。

どれもおススメではありますが、費用対効力を考慮することが重大です。

カビ取りをおこなうことと比べると予防することの方が重大です。

カビ予防は難しいことではありません。

湿気を帯びたブーツをそのまま放置せずに、乾燥させればいいだけですのです。

乾燥剤等をブーツのなかに投入しておけば、それだけで十分でしょう。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :
Return Top