life-acre.net

犬と暮らすコツ

スポンサーリンク

ペットの代表格は、なんといっても犬ですね。犬はペットのなかでも一番ポピュラーな動物ではないでしょうか。

種類の多いそれぞれに、犬の飼い方は大きく違っています。 一口に犬と言ってもたくさんの種類がいますから。

例えば、小型犬ならば最初から人間と同じように室内で飼うことを前提にしてもいいでしょう。大型犬ならば室外で飼わなければならないでしょうが、犬はオオカミと同じ系統に成りますから、元来は群れをなす動物です。

その為、しっかりしつけをすれば、主人に対する忠誠心はかなり強くなっています。ですから主従関係という点をしっかりとペットにしつけをしなければ成りません。

その習性をよく把捉した上で、しつけを行わないと、それは大きな障害になってしまします。犬に対して主人面するのは何となく気が引けると考えている人がいますが、犬の世界では、犬に対しては明確な上下関係をつくることがまともな状況なのです。

人間よりも自分の方が上だと思ってしまうと、小さい時のしつけが悪くそのような考えを一旦以てしますと、その世話が大変に成りますから、人間の手に負えなくなり、結果的に犬を不幸にしてしまうのです。

犬のしつけは人間の子どものしつけとは違いがあります。ある部分では似通っているところもあるのでが、ペットとしての犬はかわいがるだけではいけません。

虐待等をしてはいけませんが、人間の世界で生活しているのだということを理解させ、人間が主人として威厳を持っておかなければならないのです。

また、インターネット等で犬の種類がどのくらいあるのかを調べてみませんか。子どもの時にも図鑑等でたくさんの犬の種類を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

犬の種類は沢山あるのでいろいろな好みがあると思います。好き嫌いには、かなり意見が分かれるところかもしれません。 どのような犬が好きかと言うことは、最終的には自分の好みで決定することが肝心です。人の意見はあく迄も参考に止めておきましょう。

ペットの医療保険が案外便利というお話。

スポンサーリンク



*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top