life-acre.net

省エネを考える、LEDの使い道がこんなに

スポンサーリンク

一層その対策を考えていかなければならない時代になってきました。
地球温暖化が進むことによって、京都議定書のなかでLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)照明と言うことが注目を集めている。
省エネ効用が高いと言うことです。
照明は人の生活にとって不可欠なものだ。
膨大な量となる。
照明に必要な電気量は世界中を考えてみると、CO2削減の効用がかなり期待出来ると言うことだ。
それが仮に半分になるとしたら、家庭でも職場でも出来ると言うこともある。
省エネ対策として、今までのLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)では明るさに問題がありました。
信号機や街灯等明るさが一定以上なければ使用することは出来ません。
各メーカーの技能開発が進み、ですが、活用可能なLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)が生産されるようになってきたのだ。
LED(エルイーディー: Light Emitting Diode)の製品寿命は長く、又、フィラメントを使った白放射される熱電灯と比べると約10倍にもなりますから交換の費用も大巾に削減されます。
現在使用している照明の蛍光灯や白放射される熱電球をそのままLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に交換出来るタイプも各社が販売している。
本体ごと交換する場合には形状も小さくなるそうだ。
又、以後は新築のビルや一般家屋での採用が進むのではないかと考えられます。
採用されると言うことだ。
特に電気をたくさん消費する大型の看板等から、1年間の電気代を考えれば数年でLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)への交換費用がペイ出来る計算になるのだ。
将来を考えれば十分元が取れると言うことだ。
価格は高いのですが、あなたの家の照明はどのくらい電気を消費していますか。
電気代を計算してみましょう。
それをLED(エルイーディー: Light Emitting Diode)に交換した時の電気代を比較すると面白いだろう。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top