life-acre.net

葉酸の成果は?認知症予防・聴力低下防止・ガン予防にも

スポンサーリンク

11655643

「あの仕事バリバリだったオヤジがだいぶ前からボケてきて、近頃では介護が必要性になるほど認知症が進んでしまっている…」
「歳をとると体は動かなくなってくるかもしれないけど、認知症やアルツハイマーだけは、なんとしても避けたい…」などなど、認知症について不安に思っている人もすごく多いのではないでしょうか。
認知症にならないようにするために、様々な予防方法が考えられています。
我慢をしないでやりたいことをやる、毎日頭を使う、エクストラ・バージン・オリーブ・オイルなどの良質な油をとるなどの方法がテレビや雑誌などで言われています。
どれも日常生活にちょっとした工夫を加えたものばかりですね。
中でも今回、女性におすすめするのが「葉酸サプリ」です。
「妊婦さん用のサプリメントじゃないの?」と疑問を持たれるかと思いますが、サプリメントに豊富に配合されている葉酸には、認知症予防に高い成果を発揮することがわかっています。
更には心臓病や動脈硬化、子宮頸がんなどの原因となる物質を減少させてくれる役目もあるため、イキイキとした老後を過ごすために欠かせない栄養成分なのです。
葉酸を毎日の食事だけで補うことはかなり大変ですから、葉酸サプリを活用するのをおススメします。
認知症予防の他、同時に女性らしさも磨かれていきますよ。

スポンサーリンク



聴力低下の防止に役立つ

あなたの身近な人達で、聴力が低下してきている人はいますか?
「最近おばあちゃんの耳が遠くなっているような気がする…」
「親戚が補聴器をつけていて、それがないと何も聞こえないみたい…」
などなど、耳が聞こえないと何かと不便ですよね。
話しかけられても気づけませんし、重症だと介護がいるようになってきます。
聴力は年齢を重ねれば重ねるほど、どんどん聞こえにくくなっていきます。
聴力を完全に低下させないようにする方法はありませんが、防止をする方法ならあります。
それは、「葉酸」を吸収摂取すること。
葉酸とは、ほうれん草の葉から発見されたビタミンB群の仲間で、新しい細胞を作ったり、赤血球を形成してくれたりする役目があります。
そのため、ニキビやシミなどの肌トラブルが改善されたり、慢性的な冷えや貧血が緩和されたりする成果が期待できるのです。
髪もサラサラになり、育毛成果もあると言われています。
そんな万能な葉酸は、心臓病や動脈硬化の原因である「ホモシステイン値」を下げる成果があります。
このホモシステイン値の低下は、年齢による聴力の低下を防止してくれるのです。
更には認知症予防にも繋がり、イキイキとした老後を過ごすために欠かせない大切な栄養成分ということがわかります。
葉酸は毎日の食事からでは必要吸収摂取量を補えないため、葉酸サプリを活用することをおススメします。
葉酸の他、様々な有効成分も豊富に配合されているので、バランスよく栄養を吸収できますよ。

ガン予防にも葉酸が

葉酸は、あのプロゴルファーである東尾理子さんが「BELTA」の葉酸サプリを愛用していることで、瞬く間に世間に知れ渡りましたよね。
東尾理子さんが高齢にして無事出産できたのも、この葉酸サプリのお陰だと言われています。
そんな葉酸ですが、いくつもある役目の中で最も注目されているのが「新しい細胞の作成」です。
葉酸は新しい細胞を作ってくれる役目があり、毎日吸収摂取することで肌トラブルの改善や、育毛成果などがもたらされます。
更には、ガン予防にもよいとされています。
そもそもガンは、DNAが傷つけられたり破壊されたりすることで引き起こされるものです。
主に、ストレスや喫煙、加齢などによって損傷されます。
そうなると、子宮頸がんや直腸がん、肺がんなど、死亡のリスクの高い病気にかかりやすくなってしまうのです。
しかし、それも葉酸を吸収摂取していれば大幅にリスクを軽減させることが出来ます。
葉酸にはDNA細胞も修復してくれる役目があるため、ガンの原因を取り除いてくれるのです。
ただ、葉酸は毎日の食事だけでとれるものではないため、葉酸がたっぷりと配合された「葉酸サプリ」を活用することをおススメします。

スポンサーリンク



*
*
* (公開されません)

Return Top