life-acre.net

アンチエイジングはマッサージと食事から

スポンサーリンク

アンチエイジングはマッサージと食事から

顔にシワやたるみが気になってきたら、マッサージすることが一番アンチエイジングへの近道だと思います。
しかしこのマッサージもまちがったやり方をしてしまうと、逆にシワやたるみをつくることになってしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク



マッサージするときのポイント

顔のマッサージするときのポイントをお伝えします。
マッサージをする都度、マッサージクリームなどをたっぷりとつけて行うようにします。
肌との間に摩擦が起きるようでは逆効果です。
そうしてマッサージは優しくして、力を入れすぎないように注意してください。
またマッサージをする時として、血液やリンパの流れを考えて表情筋に沿って行うようにしてください。
最初はあごの下から耳の下まで、次に口の横から耳の真ん中あたりまで、次に鼻の横からこめかみまでというようにそれぞれ5秒程度ゆっくりとマッサージします。
おでこは横に、口元や目元は周りを周るようにして、小鼻とあごのあたりは指でくるくるマッサージします。
このようにマッサージは内側から外側へ行うようにして、下から上に向かって行なうのが基本です。
正しいマッサージをすることで血液やリンパの流れがよくなってメラニンも排出されてシミがなくなっていきます
見た目に幼く見える人と年齢よりも老けて映る人がいます。
この差は20代では4歳程度ですが、40代では歳代17歳も差がでるそうです
この見た目の差は、シミやたるみ、くすみ、シワなど肌の状態によるものがほとんどです。
自分の肌のこのような状況に気がついたらアッという間にアンチエイジングケアを開始しましょう。
気がついたときこそがアンチエイジングを始めるときなのです。

シワを消すには食事も大切

アンチエイジングに大切な食事大豆イソフラボンアンチエイジングの大敵とも言える、「シワ」。
一度できてしまったらもう二度と消えないかもとあきらめがちですがそうではありません。
というのもシワには2つの種類があります。
1つ目のしわは、肌の見た目にだけ見えている細いシワ。
2つ目は真皮にまで至っていて真皮に亀裂が入ってしまった奥深いシワです。
1つ目の目ためだけに見える細いシワは、自分でケアすることで減らしていくことが可能です。
真皮にまで至ったシワについては、自分で立ち向かうケアだけでは回復が難しいと思いますから、医療の力を借りた方がいいと思います。

これらの2つのシワの見分け方としては、シワを広げてみればわかります。
シワを自分の指で開いてみます。
指を離して一気に消えれば1つめの見た目だけのシワで、消えなければ2つ目の真皮まで至ったシワです。
ほとんど20代や30代の大半は一門目の見た目だけのシワになると思います。

二つのシワの見分け方
シワを自分の指で開いてみて、指を離して一気に消えれば1つめの見た目だけのシワで、消えなければ2つ目の真皮まで至ったシワです。

シワを消してなくしていくには、体内からと外側からのケアが大切になります。
アンチエイジングで大切なのはケアの他にも正しい生活、そして食事です。
食事の中で緑黄色野菜や果ものや動もの性のたんぱく質などをバランスよく摂取吸収することがいやに大切です。
他にも豆腐や豆などで美肌効果のある大豆イソフラボンを摂取吸収し、女性ホルモンという成分のエストロゲンが入っているザクロなどをいただくのが望ましいです。
これらの栄養によって弾力のある肌が出来上がり、シワができにくくなります。
また体の外側からのケアとしては、肌を乾燥させないように保湿することが大切です。
汚れを落として、肌を潤して、蓋をするこれがポイントです。

スポンサーリンク



URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Return Top