NURO光が関東圏ではお得な光ファイバー回線で人気です。

NURO光申し込み画面

NURO光は、ソネット社が運営しています。光ファイバネットワークのインフラサービスを提供しています。

光回線の元の回線は、NTT東日本の設備を使用してNURO光を提供しています。

ネットにつなげるために使用する光回線終端装置は、2Gbpsの3ポートまでの有線LANポートが装備されています。無線LANは、2.4GHz帯、5GHz帯の周波数帯域に対応します。

スポンサーリンク

NTTと同じように光電話サービスがあります。

また、NURO光にもNTTと同じように光電話サービスがあります。NTTと同じ市外局番で提供し、普通に使われている固定電話が使用できます。通信品質はNTTの通常の固定電話と同じ通信品質です。

ウイルスソフトもついている

その他、ウイルスソフトのカスペルスキーが料金内で提供されています。ライセンスは5台までのパソコンなどにインストールすることが可能です。

NURO光の回線の測度は

NURO光の回線測度は、ソネット社が宣伝しているように、下り最大2Gbpsの超高速回線となっています。

しかし、これはベストエフォートということで最大値を表しています。この測度がそのままでることはないのですが、数百Mbpsも出れば体感的にもネットの利用が楽になります。

光回線が高速になるという点以外にも、無線LANやセキュリティサービスなどを含めて月額4743円の特別価格で使用することが可能という点が見逃せません。

NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!

全部コミコミで安い

プロバイダー料金やウイルスソフトの料金、無線LANルーターの料金とネットにつなげるのに必要なものが一式ふくまれた料金設定になっているということです。

高速ネット回線

ソネットでは、個人の家のための光回線サービスとしては、トップクラスの下り最大2Gbpsのを達成するために、世界標準のGPON技術とNURO光のために開発されたホームゲートウェイとの組み合わせを持っています。

結果として、有線と無線の高速回線を一家で共有していて同時接続をしていても遅くすることなくインターネットを楽しむことができます。

ビデオや音楽のダウンロードを含め、頻繁なデータ応答を必要とするゲームなどにもに最適なサービスです。

ソネット社が提供する戸建のためのNURO光は、高速大容量を実現したFTTHサービスです。

例えば、音楽やビデオ、ビデオストリーミングサービスを利用するときは、最大の下り2Gbpsでダウンロードしても容量の大きなコンテンツファイルはストレス無く利用することができるでしょう。

NURO光の回線サービスはネットにつなげるシステムが全てそろって、高速大容量という内容で一ヶ月4743円となっています。

NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!

関東圏限定のNURO光

人気の光回線NURO光の回線ですが、サービスエリアが関東圏限定担っています。

東京、神奈川、千葉、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県がNURO光の回線が設置できる範囲になります。

しかも、関東圏にはいっていても、光回線の敷設条件があります。NURO光をつなげることのできる条件は、一戸建ての家、二階建て以下の集合住宅と限られています。

また、3階建て以上のマンションの場合は、「マンションfoNURO光」のサービスが対象となります。

これは、そのマンション全体で何世帯かまとめて同時に申し込むことができれば対応するという内容になっています。

NURO光の読み方

「NURO光」は「にゅーろひかり」と読みます。SONY傘下のソネット株式会社が運営する光回線のサービスです。

関東圏限定の光回線になりますが、SONYの持っているコンテンツ力と高速大容量の光回線との組み合わせで今後のネット文化を押し上げるインフラになるのではないかと思われます。

まとめ

関東圏限定になりますが、光回線を選ぶ上では、ネット回線として高速にデータ通信ができて、使い放題で、安く使えれば言うことなしです。

関東圏に住んでいる一戸建ての方、マンションやアパートの2階までに住んでいる方は一度検討してみる価値があるでしょう。

  • 光回線が超高速2Gbps
  • 無線ルーターもついて超高速450Mbps
  • 有料ウイルスソフトが付いて5台までOK
  • So-netプロバイダー料金含む
  • ネットにつなげる全部がコミコミで月額4,743円
  • 光電話オプションありプラス月500円

NURO 光 今なら30000円キャッシュバック!

NURO光は関東圏のみのサービスですが、販売元の企業グループがSONYなので、SONYの持っている映画や音楽などのコンテンツ販売を強めるために、回線の強いNURO光を普及させようとしています。

光回線のインフラとその中を流れるコンテンツ・ビジネスという組み合わせでお客さんを囲い込もうとするビジネス・モデルです。

詳しくはこちらのブログのコーナーを参照下さい。

ぴイすま「NURO光」カテゴリー

NURO光についての詳しい記事は、こちらのサイトを参考にしました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました