1月10日: 歴史の節目 – 木曽義仲の征夷大将軍就任、国際連盟の発足

今日の歴史

1月10日は、日本史および世界史において重要な出来事が数多く起こった日です。

この日、木曽義仲が征夷大将軍に任じられ、また国際連盟の発足など、世界的に影響力のある出来事が発生しました。

スポンサーリンク

木曽義仲が征夷大将軍となる (1184年)

1184年、木曽義仲は、源平合戦の中で征夷大将軍に任じられました。

彼の活躍は、日本の武士階級の台頭と鎌倉幕府の成立に向けた重要なステップとなりました。

徴兵令の公布 (1873年)

1873年、日本では近代化の一環として徴兵令が公布されました。

これにより、日本は近代的な軍隊システムを確立し、国防の体制を強化しました。

国際連盟の発足 (1920年)

1920年、国際連盟が正式に発足しました。

これは、第一次世界大戦後の国際秩序の安定化を目的とした重要な試みでした。

NHK教育テレビの開局 (1951年)

1951年、NHK教育テレビが開局しました。

このチャンネルは、日本における教育番組の普及に大きく貢献しました。

専修学校の制度化 (1976年)

1976年、日本では専修学校が制度化されました。

この制度は、専門教育の発展と多様なキャリアパスの提供に寄与しました。

初の婦人白書のまとめ (1976年)

同じく1976年、総理府は初の婦人白書をまとめました。

これは、日本の女性の社会進出とジェンダー平等に関する重要な政策文書となりました。

グリコ森永事件の『キツネ目の男』似顔絵公開 (1985年)

1985年、グリコ森永事件に関連して、大阪府警は『キツネ目の男』の似顔絵を公開しました。

この事件は、日本の犯罪史において注目されるケースとなりました。

就職協定の廃止についての合意 (1997年)

1997年、大学側と企業側は1997年度以降、就職協定を結ばないことで合意しました。

これは、日本の就職市場における新しい方向性を示すものでした。

まとめ

1月10日は、日本および世界において 歴史的な転換点となった出来事が集中した日です。

木曽義仲の征夷大将軍就任、徴兵令の公布、国際連盟の発足、NHK教育テレビの開局、専修学校の制度化、婦人白書のまとめ、グリコ森永事件の進展、就職協定の廃止合意など、それぞれの出来事は、日本および世界の歴史において重要な意味を持ち、後世に大きな影響を与えています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました