【6月19日】あの日、何が起こった? – 野球の誕生、日米修好通商条約、そして株式市場の革新

今日の歴史

6月19日、いくつもの重要な出来事が世界の歴史に名を刻みました。

野球の誕生、日米修好通商条約の締結、新安保条約の成立、女性の権利を擁護する国際会議の開催、そして株式市場の新たな節目となった日です。

それらの出来事を振り返り、背後にある歴史的事実を紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

1846年: 近代野球の誕生

1846年6月19日、現代野球の基礎となるルールがアレクサンダー・カートライトによって案出されました。

これはスポーツ史上の重要な瞬間で、その後の野球の発展を促進し、全世界の人々に愛されるスポーツへと成長させました。

1858年: 日米修好通商条約締結

安政5年、日本はアメリカと修好通商条約を締結し、開国貿易の門を開きました。

この条約締結は、日本の近代化と国際社会への参入の一環であり、日本の経済、文化、政治に大きな影響を与えました。

1960年: 新安保条約が自然成立

昭和35年、新安保条約が自然成立しました。

この条約は日本とアメリカとの間の防衛協力を再定義し、日本の安全保障政策に深い影響を与えました。

1975年: 初の国際婦人年世界会議がメキシコシティで開催

1975年は「国際婦人年」であり、この年の6月19日にはメキシコシティで初の世界会議が開催されました。

この会議は女性の地位向上と性別平等を目指し、全世界の女性の権利向上に寄与しました。

1986年: ベトナムの二重体児ベトちゃんドクち ゃんが来日

1986年、ベトナムの二重体児ベトちゃんドクちゃんが急性脳症の治療のために日本へ来ました。

この出来事は、国際医療協力の重要性を強調し、多くの人々の思いやりと共感を引き出しました。

2000年: 大阪証券取引所で株式市場ナスダック・ジャパンが取引開始

平成12年、大阪証券取引所で新たな株式市場、ナスダック・ジャパン(後のヘラクレス)の取引が開始されました。

これは日本の金融市場に新たな風を吹き込み、スタートアップ企業などへの投資を活性化させるきっかけとなりました。

まとめ

6月19日は、スポーツ、国際関係、女性の地位向上、医療の国際協力、そして金融市場の革新と、様々なテーマが交錯する日です。

これらの出来事を振り返り、その時々の歴史的背景を理解することで、我々は過去から学び、未来を見据えることができます。

それぞれの出来事がもたらした影響を今日まで見ることは、歴史が私たちの生活にどのように影響を与えているかを理解する上で非常に有意義です。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました