8月14日、どんな日だった?人身質禁止から特許第1号、そして玄倉川の悲劇まで

今日の歴史

8月14日は、様々な出来事が起きた日として記憶されています。

その中には、人身を質とする借金の禁止、わが国初の専売特許の発行、小学校でのパン完全給食制度の発表、富士山での落石事故、一世帯あたりの人数が初めて3人を下回ったとの発表、そして玄倉川での悲劇的な事故が含まれています。

それぞれの出来事がどのように歴史を形成したのか、一緒に振り返ってみましょう。

スポンサーリンク

1875年:人身を質とする借金を禁止

1875年のこの日、明治政府は人身を質とする借金を禁止しました。

これは近代化に伴う新しい法制度の導入であり、個々の人権の尊重を意味していました。

この一見小さな変化は、現代の人権保護の基礎を築く一石となったのです。

1885年:特許第1号

そして1885年、日本で最初の専売特許が免許されました。

その第1号はサビ止め塗料で、これは日本の技術革新の歴史の始まりを告げる出来事でした。

この特許制度の導入により、技術者や発明家の努力が報われ、日本の産業革新を推進する力となりました。

1950年:文部省が小学校で9月からパン完全給食実施を発表

さらに1950年、文部省(現在の文部科学省)は小学校で9月からパンの完全給食を開始すると発表しました。

これは戦後の食糧難を背景に、子どもたちの健康維持と成長を支えるための政策でした。

この給食制度は、日本の教育体制の一部として、子供たちの健康と栄養バランスの良い食生活を守る重要な役割を果たしています。

1980年:富士山砂走り登山道で落石事故

1980年の8月14日は、富士山の砂走り登山道で落石事故が発生し、12人が命を失うという悲劇の日でした。

この事故は、自然との共生とその危険性を改めて私たちに認識させるものでした。

それ以来、安全な登山を推進するための対策が強化されています。

1991年:総務庁が1世帯あたりの人数が初めて3人を下回ったと発表

1991年のこの日、総務庁は、1世帯あたりの人数が初めて3人を下回ったと発表しました。

これは日本の家族構成の変化を示す重要な指標で、高齢化社会や核家族化の進行を物語っていました。

この変化は、社会保障制度や都市計画など、さまざまな政策に影響を及ぼしました。

1999年:神奈川県玄倉川が集中豪雨で増水、中洲でキャンプをしていた13人死亡

そして1999年、神奈川県の玄倉川が集中豪雨により増水し、中洲でキャンプをしていた13人が命を落とすという悲劇が起きました。

この事故は、自然災害の危険性と適切な防災対策の重要性を私たちに思い起こさせるものでした。

以降、防災教育や気象情報の活用など、さまざまな対策が強化されています。

まとめ

以上、8月14日に起きたいくつかの重要な出来事を振り返りました。

これらの出来事は、時代を映し出し、今日の私たちの生活や社会に影響を与えています。

過去の出来事から学び、その教訓を活かすことで、より良い未来を創り出すことができるでしょう。

これからも、過去を振り返り、未来 を見つめ続けることが大切です。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました