12月31日/どんな日だった?:東京市電ストライキ、ムーラン・ルージュ開場、内務省廃止、紅白歌合戦公開放送、『鉄腕アトム』放送終了、テレビ普及率83.1%、X-JAPAN解散

今日の歴史

12月31日は、日本の交通、エンターテインメント、行政、放送史において重要な出来事が起こった日です。

東京市電のストライキ、新宿ムーラン・ルージュの開場、内務省の廃止、NHKの紅白歌合戦の初の公開放送、

アニメ『鉄腕アトム』の放送終了、テレビ普及率の記録、そしてX-JAPANの解散など、この日は多くの記憶に残る出来事で満ちています。

スポンサーリンク

東京市電の従業員ストライキ(1911年=明治44年)

明治44年(1911年)、東京市電の従業員がストライキを行いました。

このストライキは、日本の労働運動の歴史における重要な出来事として記録されています。

新宿にムーラン・ルージュ開場(1931年=昭和6年)

昭和6年(1931年)、浅草オペラ出身の佐々木千里が新宿にムーラン・ルージュを開場しました。

音楽を取り入れた軽演劇が上演され、一世を風靡しました。

内務省廃止(1947年=昭和22年)

昭和22年(1947年)、内務省が廃止されました。

この廃止は、戦後日本の行政組織の再編成における重要なステップでした。

NHK、紅白歌合戦を日劇から初の公開放送(1953年=昭和28年)

昭和28年(1953年)、NHKは紅白歌合戦を日劇から初めて公開放送しました。

この公開放送は、日本の音楽番組史において画期的な出来事でした。

フジテレビのアニメ『鉄腕アトム』が放送終了(1966年=昭和41年)

昭和41年(1966年)、フジテレビのアニメ『鉄腕アトム』が放送を終了しました。

このアニメは、日本のテレビアニメ史における重要な作品の一つです。

テレビ普及率83.1%(1967年=昭和42年)

昭和42年(1967年)、テレビの普及率が83.1%に達し、NHKのテレビ受信契約数が二千万を突破しました。

これは、日本におけるテレビの普及と影響力の拡大を示す出来事でした。

X-JAPANが紅白歌合戦を最後に解散(1997年=平成9年)

平成9年(199 7年)、X-JAPANが紅白歌合戦を最後に解散しました。

この解散は、日本の音楽シーンに大きな衝撃を与えました。

まとめ

12月31日は、交通、エンターテインメント、行政、放送史など多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野で大きな意味を持ち、日本の歴史において特別な位置を占める日となりました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました