12月30日/どんな日だった?:足利義満が将軍に、地下鉄開通、教育制度改革、南極観測船成功、太陽光発電試験送電、政府予算案GNP1%突破、遊覧飛行機墜落事故

今日の歴史

12月30日は、日本の歴史、交通、教育、科学探究、環境技術、経済政策、そして国際事故において重要な出来事が起こった日です。

足利義満が将軍に就任し、日本初の地下鉄が開通、教育制度の改革、南極観測船「ふじ」の成功、太陽光発電による試験送電の開始、

政府予算案がGNP1%を突破、ニュージーランドでの遊覧飛行機墜落事故など、この日は多くの歴史的瞬間に満ちています。

スポンサーリンク

足利義満が将軍となる(正平23年=1368年)

正平23年(1368年)、足利義満が将軍に就任しました。

彼の就任は、日本の室町時代の政治史において重要な出来事でした。

わが国最初の地下鉄開通(1927年=昭和2年)

昭和2年(1927年)、上野から浅草間で日本初の地下鉄が開通しました。

この開通は、日本の交通史における画期的な出来事として記録されています。

文部省が六・三・三・四制の教育制度を発表(1946年=昭和21年)

昭和21年(1946年)、文部省は六・三・三・四制の教育制度を発表しました。

この制度改革は、日本の教育史において重要な転換点となりました。

南極観測船「ふじ」が定着氷の接岸に成功(1965年=昭和40年)

昭和40年(1965年)、南極観測船「ふじ」が定着氷の接岸に成功し、昭和基地へ四年ぶりに空輸を開始しました。

この成功は、日本の南極探査の歴史における重要なマイルストーンです。

通産省が太陽光発電による試験送電を開始(1982年=昭和57年)

昭和57年(1982年)、通産省は太陽光発電による試験送電を開始しました。

この試みは、日本の環境技術の発展に貢献しました。

1987年度政府予算案、GNP1%枠を突破(1986年=昭和61年)

昭和61年(1986年)、1987年度の政府予算案がGNP1% を突破しました。

これは、日本の経済政策における重要な変化を示しています。

ニュージーランドで遊覧飛行機が墜落(日本人6人死亡)(1989年=平成1年)

平成1年(1989年)、ニュージーランドで遊覧飛行機が墜落し、日本人6人が死亡しました。

この事故は、国際的な航空安全への関心を高めるきっかけとなりました。

まとめ

12月30日は、歴史、交通、教育、科学探究、環境技術、経済政策、国際事故など、多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野で大きな意味を持ち、日本の歴史において特別な位置を占める日となりました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました