12月29日/どんな日だった?:清水トンネル貫通、ワシントン海軍軍縮条約廃棄通告、農地改革、東大・東京教育大入試中止、防衛費GNP1%突破、日経平均株価最高額

今日の歴史

12月29日は、日本のインフラ建設、国際関係、農政、教育、経済など、多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

清水トンネルの貫通、ワシントン海軍軍縮条約の廃棄通告、第一次農地改革の実施、東大と東京教育大の入試中止決定、防衛費がGNP1%を突破、

そして日経平均株価が最高額を記録したことなど、この日は日本の歴史において重要な出来事が多数ありました。

スポンサーリンク

清水トンネル貫通(1929年=昭和4年)

昭和4年(1929年)、八年の歳月をかけて、9.702キロの清水トンネルが貫通しました。

当時東洋一長いトンネルであり、日本の鉄道史における重要なマイルストーンとなりました。

日本がワシントン海軍軍縮条約廃棄をアメリカに通告(1934年=昭和9年)

昭和9年(1934年)、日本は国際的に孤立しつつある中で、ワシントン海軍軍縮条約の廃棄をアメリカに通告しました。

この行動は、後の太平洋戦争への道を進むきっかけとなりました。

第一次農地改革(1945年=昭和20年)

昭和20年(1945年)、日本では第一次農地改革が行われました。

この改革は、戦後の日本農業の構造を大きく変え、農民の地位向上に寄与しました。

東大と東京教育大が翌年度の入試中止を決定(1968年=昭和43年)

昭和43年(1968年)、東京大学と東京教育大学は、翌年度の入試を中止することを決定しました。

この決定は、当時の学生運動の激化によるもので、日本の高等教育史における重要な出来事でした。

防衛費が三木内閣以来10年ぶりにGNP1%枠を突破(1986年=昭和61年)

昭和61年(1986年)、防衛費がGNP1%を突破しました。

これは、日本の防衛政策における大きな転換点となりました。

東京証券取引所の日経平均株価が最高額に(1989年=平成1年)

平成1年(1989年)、東京証券取引所の日経平均株価が最高額を記録しました。

この記録は、バブル経済の頂点を象徴する出来事でした。

まとめ

12月29日は、インフラ建設、国際関係、農政、教育、経済など、多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野で大きな意味を持ち、日本の歴史において特別な位置を占める日となりました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました