12月14日:歴史の転換点、赤穂浪士、女子教育、南極探検、SL時代の終焉、米輸入開放、北朝鮮への制裁解除

今日の歴史

12月14日は、日本と世界の歴史において、多くの重大な出来事が起こった日です。

この日には、赤穂浪士の討ち入り、女子教育と男子教育の区別、南極点への初到達、国鉄室蘭本線でのSL最終運行、米の部分開放、そして北朝鮮への制裁解除がありました。

以下の項目で、それぞれの出来事を詳しく見ていきましょう:

  • 赤穂浪士の討ち入り
  • 中学校令の改正と女子教育
  • アムンゼンの南極点到達
  • 国鉄室蘭本線のSL最終運行
  • 米の部分開放と自給体制の終結
  • 日本政府による北朝鮮への制裁解除
スポンサーリンク

赤穂浪士の討ち入り

1702年(元禄15年)12月14日、赤穂藩の旧家臣47人が江戸本所の吉良邸に乱入し、吉良上野介の首を取りました。

この討ち入りは、日本の武士道精神の象徴として広く知られ、後世に多大な影響を与えました。

中学校令の改正と女子教育

1891年(明治24年)、中学校令の改正により、日本では女子教育と男子教育が区別されるようになりました。

この改正は戦前まで続き、日本の教育制度における重要な転換点となります。

アムンゼンの南極点到達

1911年、ロアール・アムンゼンが世界で初めて南極点に到達しました。

この偉業は、探検史上の大きなマイルストーンとなり、後の極地探検に大きな影響を与えました。

国鉄室蘭本線のSL最終運行

1975年(昭和50年)、国鉄室蘭本線で最後のSLが走りました。

これは日本の鉄道史において、蒸気機関車時代の終わりを象徴する出来事でした。

米の部分開放と自給体制の終結

1993年(平成5年)、日本政府は米の輸入を部分的に開放し、国内産米による自給体制が終結しました。

これは、日本の食料政策における重要な変化であり、経済や農業に多大な影響を与 えました。

日本政府による北朝鮮への制裁解除

1999年(平成11年)、日本政府は北朝鮮に対する制裁措置を解除しました。

この措置は、日本と北朝鮮の関係における一時的な改善をもたらしましたが、その後の両国関係は依然として複雑なままです。

まとめ

12月14日は、日本と世界の歴史において多様な分野で重要な出来事が起こった日です。

各出来事は、それぞれの時代や分野における重要な転換点となり、現代に至るまでその影響が続いています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました