12月13日:歴史的転換点、婦人参政権、南京陥落、地方公務員法、核凍結、ボクシング史、南北朝鮮合意

今日の歴史

12月13日は、日本や世界の歴史において重要な出来事が数多く起こった日です。

この日には、婦人参政権獲得の動き、南京陥落、地方公務員法の公布、国連による核凍結決議、ボクシングの記録的な試合、そして南北朝鮮間の重要な合意がありました。

以下の項目で、それぞれの出来事を掘り下げていきます:

  • 婦人参政権獲得期成同盟会の結成
  • 南京陥落
  • 地方公務員法の公布
  • 国連総会での核凍結決議
  • ボクシングWBCジュニアバンタム級の記録
  • 南北朝鮮両首相の合意書調印
スポンサーリンク

婦人参政権獲得期成同盟会の結成

1924年(大正13年)12月13日、市川房枝や河崎なつを中心とする女性たちが、婦人参政権獲得期成同盟会を結成しました。

この組織は、日本における女性の選挙権獲得運動の象徴的な出来事となり、後の女性の政治参加への道を切り開く重要な一歩となりました。

南京陥落

1937年(昭和12年)のこの日、日中戦争の中で日本軍は中国の首都であった南京を陥落させました。

蘆溝橋事件に端を発した戦争は、この日の南京陥落により、新たな局面を迎えます。

地方公務員法の公布

1950年(昭和25年)、地方公務員法が公布されました。

この法律は、地方自治体の職員の地位や職務、権利、義務を定めるもので、日本の地方自治体制度における基本的な法律となります。

国連総会での核凍結決議

1982年(昭和57年)、国連総会は核武器の凍結を初めて決議しました。

これは、冷戦時代の核軍縮に向けた重要な一歩となり、後の国際的な核不拡散努力の礎を築きます。

ボクシングWBCジュニアバンタム級の記録

1985年(昭和60年)、ボクサー渡辺二郎は韓国で尹石煥をKOで打ち負かし、WBCジュニアバンタム級のタイトルを獲得しました。

この勝利は、日本

のボクシング界において記憶に残る偉業となります。

南北朝鮮両首相の合意書調印

1991年(平成3年)、南北朝鮮両国の首相は『南北間の和解と不可侵及び交流・協力に関する合意書』に調印しました。

この合意は、朝鮮半島の歴史における重要な出来事であり、南北関係の改善に向けた一歩となりました。

まとめ

12月13日は、政治、軍事、スポーツ、国際関係など、多岐にわたる分野で歴史的な出来事が起こった日です。

各出来事は、その時代の社会や国際情勢を反映しており、今日に至るまでその影響が続いています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました