12月20日:経済と文化の変革、蓄銭叙位令制定、鑑真和上来日、初のデパート発足、公害病対象地域指定、新為替レート実施、電電公社民営化法成立

今日の歴史

12月20日は、日本の歴史において経済、文化、環境、通貨政策、公共事業といった多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

この日には、蓄銭叙位令の制定、鑑真和上の来日、日本初のデパート発足、公害病対象地域の指定、新為替レートの実施、電電公社の民営化法成立などがありました。

以下の項目で、それぞれの出来事を詳しく見ていきましょう:

  • 蓄銭叙位令の制定
  • 鑑真和上の来日
  • 日本初のデパートの発足
  • 公害病対象地域の指定
  • 新為替レートの実施
  • 電電公社民営化法の成立
スポンサーリンク

蓄銭叙位令の制定

711年(和銅4年)、蓄銭叙位令が制定されました。

この令は、和同開珎という日本初の貨幣の普及を図るために、銭を蓄える者に位を授ける規定でした。

鑑真和上の来日

753年(天平勝宝5年)、鑑真和上が来日しました。

鑑真は日本の仏教史において重要な人物であり、その影響は今日まで続いています。

日本初のデパートの発足

1904年(明治37年)、三井呉服店が三越呉服店と改称し、日本初のデパートとなりました。

この出来事は、日本の小売業と消費文化の発展に大きな影響を与えました。

公害病対象地域の指定

1969年(昭和44年)、厚生省は水俣病や四日市ぜんそくなどを含む6カ所を公害病対象地域に指定しました。

この指定は、公害問題への対応と環境保護の重要性を示すものでした。

新為替レートの実施

1971年(昭和46年)、新たな為替レートとして1ドル=308円が実施されました。

このレート変更は、日本の経済と通貨政策に影響を及ぼしました。

電電公社民営化法の成立

1984年(昭和59年)、電電公社民営化法など関連する3法が成立しました。

この法律は、日 本の通信業界の民営化と競争の促進を目的としていました。

まとめ

12月20日は、経済、文化、環境保護、通貨政策、公共事業の分野で歴史的な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、日本の歴史における重要な転換点となり、現代に至るまでその影響が続いています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました