2月10日/どんな日だった?ロシア宣戦布告、第三次桂内閣倒壊、北九州市発足、長野冬季五輪スピードスケート金メダル、えひめ丸沈没事故

今日の歴史

2月10日は、日本の近代史、政治、地方行政、スポーツ、そして国際的な海洋事故の分野で重要な出来事が起こった日です。

この日にはロシアに対する宣戦布告、第三次桂内閣の倒壊、北九州市の発足、長野冬季オリンピックでのスピードスケート男子500mでの清水宏保の金メダル獲得、ハワイ沖でのえひめ丸沈没事故などがありました。

スポンサーリンク

ロシアに対して宣戦布告(1904年・明治37年)

1904年、日本は満州を勢力範囲としてロシアに宣戦布告しました。

これは日露戦争の開始を意味し、日本の国際的な地位に大きな影響を与えました。

第三次桂内閣倒壊(1913年・大正2年)

1913年、桂太郎の第三次内閣がわずか52日で総辞職しました。

これは政治的な不安定さを示す出来事でした。

北九州市発足(1963年・昭和38年)

1963年、門司、小倉、八幡、戸畑、若松の五市が合併して北九州市が発足しました。

これにより、北九州市は100万都市の仲間入りをしました。

長野冬季五輪、スピードスケート男子五百で清水宏保が金メダル(1998年・平成10年)

1998年、長野冬季オリンピックで清水宏保がスピードスケート男子500mで金メダルを獲得しました。

これは日本の冬季オリンピック史上重要な成果でした。

ハワイ沖で宇和島水産高校の『えひめ丸』が急浮上した米海軍原子力潜水艦『グリーンビル』に衝突され沈没(2001年・平成13年)

2001年、ハワイ沖で宇和島水産高校の練習船『えひめ丸』が米海軍原子力潜水艦『グリーンビル』と衝突し、沈没しました。

この事故は国際的な海洋安全に関する重要な議論を引き起こしました。

まとめ

2月10日は、日本の近代史、政治、地方行政、スポーツ、海洋事故の分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野において大きな影響を与え、現代に至るまでその影響が 続いています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました