2月14日/平将門の敗死、名古屋城金鯱盗難、日本生産性本部設立、円変動相場制移行、楼蘭の少女ミイラ発見、羽生善治七冠達成

今日の歴史

2月14日は、日本の歴史において多様な出来事が起こった日です。

この日には、平将門の敗死、名古屋城の金鯱の盗難事件、日本生産性本部の設立、円の変動相場制への移行、中国楼蘭での2200年前の少女のミイラ発見、将棋の羽生善治による七冠達成があります。

スポンサーリンク

平将門が敗死(940年)

940年、天魔の乱の首謀者である平将門が敗死しました。

彼は下総国猿島で平貞盛と藤原秀郷の連合軍と戦い、流れ矢にあたって死亡しました。

名古屋城の金鯱のうろこが盗まれる(1712年)

1712年、名古屋城の金鯱のうろこが盗難に遭いました。

この事件では、怪盗が大だこに身体を縛りつけ、強風にのって天守閣の屋根に舞い上がり、純金のうろこをはがそうとしましたが、見回りに見つかりました。

日本生産性本部が設立(1955年)

1955年、日本生産性本部が設立されました。

この財団法人は、生産性向上のための研究奨励を行う目的で、財界の寄付金と政府およびアメリカからの補助金により設立されました。

円が変動相場制に移行(1973年)

1973年、円は変動相場制に移行しました。

これは、ドル売り殺到による東京外国為替市場の閉鎖と、その後の市場再開に伴う円の急騰が背景にあります。

中国・楼蘭で2200年前の少女のミイラ発見(1981年)

1981年、中国の楼蘭で2200年前の少女のミイラが発見されました。

この発見は、古代文明研究において重要な意味を持っています。

将棋の羽生善治が王将位を獲得し、七冠を達成(1996年)

1996年、将棋の羽生善治が王将位を獲得し、七冠を達成しました。

この偉業は、将棋界における彼の優れた才能と功績を象徴しています。

まとめ

2月14日は、日本の歴史における様々な分野で重要な出来事が起こった日です。

古代から現代に至るまで、

この日に起こった出来事は日本の歴史、文化、経済、スポーツの多様性を示しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました