2月18日/東京~長崎間電信線完成、『中央公論』発禁、中国の対北ベトナム援助、嫌煙権確立運動、インサイダー取引規制、レーガノミックス発表、Windows 2000発売

今日の歴史

2月18日は、通信技術、政治、経済、公衆衛生、技術革新の分野で重要な出来事が起こった日です。

この日には、東京~長崎間の電信線の完成、『中央公論』の発禁処分、中国の対北ベトナムへの経済援助、嫌煙権確立のための市民グループ結成、インサイダー取引規制、レーガン米大統領による経済再建計画「レーガノミックス」の発表、マイクロソフトによるWindows 2000の発売が含まれます。

スポンサーリンク

東京~長崎間の電信線完成(1873年)

1873年、東京から長崎までの電信線が完成しました。

これにより、日本の通信インフラが大きく発展しました。

『中央公論』三月号が発禁処分となる(1938年)

1938年、『中央公論』三月号が発禁処分となりました。

同誌に掲載されていた石川達三の『生きている兵隊』が日本軍の残虐行為を描いていたためです。

中国が対北ベトナム長期経済援助供与協定に調印(1959年)

1959年、中国は対北ベトナムに対する長期経済援助供与協定に調印しました。

これは当時の国際政治における重要な動きでした。

市民グループが『嫌煙権確立をめざす人々の会』を結成(1978年)

1978年、市民グループが『嫌煙権確立をめざす人々の会』を結成しました。

これは公衆衛生と個人の権利を守るための運動でした。

大蔵省、インサイダー取引規制で公務員、政治家も「準内部者」と判断(1988年)

1988年、大蔵省はインサイダー取引規制で公務員や政治家も「準内部者」と判断しました。

これにより、金融市場の透明性と公正性が高められました。

レーガン米大統領が経済再建計画『レーガノミックス』を発表(1981年)

1981年、レーガン米大統領は経済再建計画「レーガノミックス」を発表しました。

これはアメリカ経済に大きな影響を与

える政策でした。

マイクロソフトがWindows 2000を発売(2000年)

2000年、マイクロソフトはWindows 2000を発売しました。

このリリースは、コンピュータ技術の進展と普及に寄与しました。

まとめ

2月18日は、通信技術、政治、公衆衛生、経済、技術革新の分野で重要な出来事が起こった日です。

この日に起こった出来事は、それぞれの時代における社会と技術の進展を示しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました