2月17日/初のハワイ移民出帆、金融緊急措置令施行、東京証券取引所外国証券会社門戸開放、堀江謙一単独横断達成、横浜ドリームランド閉園

今日の歴史

2月17日は、日本の経済、文化、スポーツにおいて重要な出来事が起こった日です。

この日には、最初のハワイ移民の出帆、金融緊急措置令の施行、東京証券取引所の外国証券会社への門戸開放、堀江謙一の単独横断達成、横浜ドリームランドの閉園が含まれます。

スポンサーリンク

最初のハワイ移民出帆(1885年)

1885年、最初のハワイ移民となる927人がシティ・オブ・トウキョウ号で横浜を出帆しました。

この出来事は、日本とハワイの間の歴史的な移民の始まりを示しています。

金融緊急措置令施行(1946年)

1946年、金融緊急措置令が施行されました。

これは戦後のインフレ抑制策として旧紙幣を停止し、新紙幣への切り換えを定めるものでしたが、後にさらなるインフレを引き起こしました。

東京証券取引所が外国証券会社への門戸開放を決定(1982年)

1982年、東京証券取引所は外国証券会社への門戸を開放することを決定しました。

これにより、日本の金融市場は国際化への一歩を踏み出しました。

堀江謙一が足こぎボート『マーメイド』でハワイ-沖縄の110日の単独横断を達成し沖縄沖に帰還(1993年)

1993年、堀江謙一は足こぎボート『マーメイド』でハワイから沖縄までの110日間の単独横断を達成しました。

この偉業は、冒険と挑戦の精神を象徴しています。

横浜ドリームランド閉園(2002年)

2002年、長年にわたり多くの人々に愛された遊園地、横浜ドリームランドが閉園しました。

この閉園は、時代の変化と共に変わる娯楽の形を示す出来事でした。

まとめ

2月17日は、日本の歴史において経済、文化、冒険、娯楽など様々な分野で重要な出来事が起こった日です。

移民の歴史から金融の変革、冒険の偉

業、そして遊園地の閉園に至るまで、この日に起こった出来事は日本の多様な歴史を映し出しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました