2月16日/ギルド廃止宣言、スペイン人民戦線勝利、臨時行政調査会発足、台湾中華航空機墜落事故

今日の歴史

2月16日は、国際的な政治的・経済的な転換点となった出来事が起こった日です。

この日には、フランスにおけるギルドの廃止宣言、スペイン人民戦線の総選挙勝利、臨時行政調査会(第二臨調)の発足、台湾での中華航空機の墜落事故が含まれます。

スポンサーリンク

ギルド廃止宣言(1791年)

1791年、フランス国民議会はギルドの廃止宣言を行いました。

これにより、商業の独占や地域制限がなくなり、産業資本の自由な成長が始まりました。

スペイン人民戦線が総選挙に勝利(1936年)

1936年、スペインでの総選挙で人民戦線が勝利しました。

しかし、これはスペイン内戦への序章となり、混乱と対立が激化しました。

臨時行政調査会(第二臨調)発足(1981年)

1981年、日本では臨時行政調査会(第二臨調)が発足しました。

この会は、行政の効率化と改革を目指すもので、土光敏夫が会長に就任しました。

台湾で中華航空機が住宅街に墜落(1998年)

1998年、台湾で中華航空機が住宅街に墜落し、多くの犠牲者が出ました。

この事故は、航空安全に関する重要な問題を浮き彫りにしました。

まとめ

2月16日は、世界各地で重要な政治的、経済的、社会的な出来事が起こった日です。

フランスのギルド廃止からスペイン内戦の始まり、日本の行政改革、そして台湾の航空事故に至るまで、この日に起こった出来事は世界史の中で重要な位置を占めています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました