2月20日/神田大火、初の普通選挙総選挙、東大ポポロ事件、ジャルパック発売、レンジャー8号月撮影成功、小野田元少尉発見、ハイビジョン改称、エイズ対策閣僚会議発足

今日の歴史

2月20日は、日本の歴史において多様な分野で重要な出来事が起こった日です。

この日には、東京の神田で起きた大火、普通選挙による初の総選挙、東大ポポロ事件、日本航空のジャルパック発売、アメリカの月ロケットレンジャー8号の月撮影成功、ルバング島での小野田元少尉の発見、NHKによる高品位テレビの名称「ハイビジョン」への改称、エイズ対策閣僚会議の発足が含まれます。

スポンサーリンク

東京の神田で大火(1913年)

1913年、東京の神田で大規模な火災が発生し、約2800戸が焼失しました。

この大火は、当時の都市の火災対策の問題点を浮き彫りにしました。

普通選挙による初の総選挙(1928年)

1928年、日本で普通選挙による初の総選挙が実施されました。

これは日本の民主主義の歩みにおいて重要なマイルストーンでした。

東大ポポロ事件が起きる(1952年)

1952年、東京大学でポポロ事件が起こりました。

この事件は、戦後の学生運動の激化を象徴するものでした。

日本航空がジャルパックを発売(1965年)

1965年、日本航空は海外旅行向けパッケージ「ジャルパック」を発売しました。

これにより、海外旅行熱が日本で高まりました。

アメリカの月ロケットレンジャー8号が月撮影に成功(1965年)

同じく1965年、アメリカの月ロケットレンジャー8号が月の撮影に成功しました。

この成果は宇宙探査の分野における大きな進歩でした。

ルバング島で小野田元少尉を発見(1974年)

1974年、ルバング島で小野田元少尉が発見されました。

彼は第二次世界大戦後も長年にわたって孤立していたことで知られています。

NHKが開発する高品位テレビの名称「ハイビジョン」に改称(1985年)

1985年、NHKは開発していた高品位テレビの名称を「ハイビジョン」と改称しました。

これはテレビ放送技術の進展を象徴する出来事です。

エイズ対策

閣僚会議が発足(1987年)

1987年、日本でエイズ対策閣僚会議が発足しました。

これはエイズ問題への国家的な対応の始まりを示しています。

まとめ

2月20日は、歴史的な火災、政治的変革、学生運動、観光産業の発展、宇宙探査、戦争遺産、放送技術、公衆衛生の分野で重要な出来事が起こった日です。

この日に起こった出来事は、各時代の日本の社会と技術の進展を示しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました