12月10日: 進歩と栄誉の日 – 世界人権宣言の採択、日本のノーベル賞受賞者たち…

今日の歴史

12月10日は、国際社会の大きな進歩を象徴する世界人権宣言の採択や、日本の著名な学者たちによるノーベル賞受賞など、歴史的な成果が記録された日です。

この日に起きた出来事には、世界人権宣言の採択、湯川秀樹のノーベル賞授賞式、三億円強奪事件、ソ連の漁業専管水域の布告、福井謙一、利根川進、大江健三郎、白川英樹のノーベル賞受賞などが含まれます。

スポンサーリンク

世界人権宣言(1948年)

1948年12月10日、第三回国連総会で世界人権宣言が全会一致で採択されました。

この宣言は、個人の基本的自由と生存的権利を規定し、人権保障の国際標準を示しました。

湯川秀樹ノーベル賞授賞式(1949年)

1949年12月10日、湯川秀樹がノーベル賞授賞式に臨みました。

彼は、日本人として初めてノーベル賞を受賞した科学者であり、その業績は日本の科学界における大きな節目となりました。

三億円強奪事件(1968年)

1968年12月10日、東京・府中市で発生した三億円強奪事件は、日本の犯罪史上最大の未解決事件として知られています。

この事件は、1975年に時効を迎えました。

ソ連の漁業専管水域の布告(1976年)

1976年12月10日、ソ連は200カイリの漁業専管水域の設定を布告しました。

これは、国際漁業政策における重要な変更であり、日本の漁業にも大きな影響を与えました。

福井謙一ノーベル物理学賞受賞(1981年)

1981年12月10日、福井謙一が『フロンティア理論』の研究でノーベル物理学賞を受賞しました。

彼の受賞は、日本の科学技術の進歩を象徴するものでした。

利根川進ノーベル生理学・医学賞受賞(1987年)

1987年12月10日、利根川進がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

彼の研究は、医学の分野における日本の国際的な地位を高めました。

大江健三郎ノーベル文学賞受賞(1994年)

1994年12月10日、作家の大江健三郎がノーベル文学賞を受賞しました。

彼の受賞は、日本の文学が世界に認められた証として、国内外で高く評価されました。

白川英樹ノーベル化学賞受賞(2000年)

2000年12月10日、白川英樹が導電性プラスチックの研究でノーベル化学賞を受賞しました。

この受賞は、日本の化学研究の卓越性を示すものでした。

まとめ

12月10日は、世界と日本の歴史において、重要な進歩や栄誉が記録された日です。

これらの出来事は、人権、科学、文化など多岐にわたる分野での進展を示しており、後世に大きな影響を与えています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました