12月11日: 変革と認識の日 – 百円硬貨発行、非核三原則表明、京都議定書採択…

今日の歴史

12月11日は、日本の経済、政治、環境問題において重要な出来事が起こった日です。

この日に起きた出来事には、百円硬貨の発行、三井三池鉱業所の労組員大量解雇、佐藤首相による非核三原則の表明、南極観測船『しらせ』の進水式、黒澤明監督のアカデミー特別賞受賞、地球温暖化防止のための京都会議と京都議定書の採択などが含まれます。

スポンサーリンク

百円硬貨の発行(1957年)

1957年12月11日、日本で新しい百円硬貨が発行されました。

これは、日本の経済成長期における貨幣制度の重要な変更でした。

三井三池鉱業所での大量解雇通告(1959年)

1959年12月11日、三井三池鉱業所で1277人の労組員に対する大量解雇通告が行われました。

この出来事は、日本の労働史における重要な転換点となりました。

佐藤首相による非核三原則の表明(1967年)

1967年12月11日、佐藤首相は衆議院予算委員会で「核を製造せず、持たず、持ち込ませず」という非核三原則を表明しました。

これは、日本の外交政策における重要な原則となりました。

南極観測船『しらせ』の進水式(1981年)

1981年12月11日、南極観測船『しらせ』の進水式が行われました。

『しらせ』は、日本の南極観測のための重要な資源となりました。

黒澤明監督、アカデミー特別賞受賞(1989年)

1989年12月11日、映画監督の黒澤明がアカデミー特別賞を受賞しました。

これは、日本の映画業界における国際的な評価の高まりを示す出来事でした。

京都会議と京都議定書の採択(1997年)

1997年12月11日、地球温暖化防止のための京都会議(COP 3)が閉幕し、温室効果ガスの削減目標を定めた京都議定書が採択されました。

この議定書は、地球環境問題に対する国際社会の取り組みを促進する重要な一歩でした。

まとめ

12月11日は、日本の経済、政治、環境問題など多岐にわたる分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、日本の歴史と国際的な地位において大きな意味を持ち、今日の社会にも影響を与え続けています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました