12月27日/どんな日だった?:新紙幣発行、浅草仲見世開業、『ピーター・パン』初演、所得倍増計画決定、ソ連軍アフガニスタン進攻、『祝日法』改正

今日の歴史

12月27日は、経済、文化、国際関係など様々な分野で重要な出来事が起こった日です。

新紙幣の発行、浅草仲見世の開業、『ピーター・パン』の初演、政府による所得倍増計画の決定、ソ連軍によるアフガニスタンへの進攻、

そして『祝日法』の改正と、この日は歴史的な瞬間に満ちています。

スポンサーリンク

新紙幣発行を布告(明治4年=1871年)

明治4年(1871年)、ドイツに発注印刷された十種類の新紙幣の発行が布告されました。

これらの通称「ドイツ札」と呼ばれる紙幣は、日本の貨幣史において重要な役割を果たしました。

浅草仲見世開業(1885年=明治18年)

明治18年(1885年)、浅草に仲見世が開業しました。

この開業は、東京の商業と文化の発展に大きく寄与し、浅草を象徴する観光地としての地位を確立しました。

『ピーター・パン』初演(1904年)

1904年、ジェームズ・バリーの『ピーター・パン』がロンドンの劇場で上演されました。

この作品は、後に子どもから大人まで幅広く愛される古典となり、世界中の文化に影響を与えました。

政府が所得倍増計画を決定(1960年=昭和35年)

昭和35年(1960年)、日本政府は所得倍増計画を決定しました。

この計画は、高度経済成長期の日本において経済発展を促進し、国民生活の向上に貢献しました。

ソ連軍がアフガニスタンへ進攻(1979年)

1979年、ソ連軍がアフガニスタンに進攻しました。

この出来事は、冷戦時代の国際関係に大きな影響を及ぼし、後の世界史において重要な事件となりました。

『祝日法』改正、祝日に挟まれた平日が休日に(1985年=昭和60年)

昭和60年(1985年)、『祝日法』が改正され、祝日に挟まれた平日が休日となりました。

この改正は、日本の祝日制度における大きな変更点であり、国民の生活に新たな潤いをもたらしました。

まとめ

12月27日は 、経済、文化、国際関係など様々な分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野で大きな意味を持ち、歴史において特別な位置を占める日となりました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました