1月14日/どんな日だった? 岩倉具視襲撃事件、南極昭和基地のタロとジロ生存確認、日本の武器技術提供決定、北海道地震、国の行政機関土曜閉庁開始

今日の歴史

1月14日は、日本の歴史において様々な分野で注目すべき出来事が起こった日です。

この日には、岩倉具視の襲撃事件、南極昭和基地でのタロとジロの生存確認、日本政府による武器技術の提供決定、北海道での大地震、

そして国の行政機関の土曜閉庁開始といった、政治、科学探検、国際関係、自然災害、行政改革の各分野にわたる重要な出来事がありました。

スポンサーリンク

岩倉具視襲撃事件(1874年)

1874年、西郷隆盛や板垣退助らの征韓論を大久保利通とともに抑えていた岩倉具視は、征韓論者の下級士族に襲撃されましたが、危うく逃れました。

この事件は、明治時代初期の政治的緊張を象徴する出来事でした。

南極昭和基地でのタロとジロ生存確認(1959年)

1959年、南極に置き去りにされた犬ぞり隊のカラフト犬のうち、タロとジロの二頭の生存が一年ぶりに確認されました。

この出来事は、南極探検の歴史における感動的なエピソードとして広く知られています。

日本政府による武器技術の提供決定(1983年)

1983年、日本政府はアメリカの要請に応じて武器技術の提供を決定しました。

この決定は、日本の国際関係と防衛政策における重要な転換点となりました。

北海道地震(1987年)

1987年、北海道でマグニチュード6.9の大地震が発生しました。

この地震は、北海道の自然災害史上において重要な出来事でした。

国の行政機関の土曜閉庁開始(1989年)

1989年、国の行政機関は第2・第4土曜日の閉庁を開始しました。

この制度は、行政サービスの効率化と労働環境の改善を目指したものです。

まとめ

1月14日に起こったこれらの出来事は、日本の歴史における政治、探検、国際関係、自然災害、行政改革の各分野で重要な節目を示しています。

岩倉具視の襲撃事件から南極探検、武器技 術の国際提供、大規模な自然災害、行政機関の運営改革に至るまで、この日に起こった出来事は、それぞれの分野において日本の歴史を形作る重要な役割を果たしました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました