1月15日/どんな日だった?坂下門外の変、東京警視庁設置、横綱双葉山の敗北、初の「成人の日」、松竹歌劇団の最終公演

今日の歴史

1月15日は、日本の歴史において多くの重要な出来事が起こった日です。

坂下門外の変、東京警視庁の設置、横綱双葉山の敗北、初の「成人の日」、そして松竹歌劇団の最終公演など、様々な歴史的瞬間がこの日に集まっています。

スポンサーリンク

坂下門外の変(1862年)

1862年のこの日、幕末の政治的混乱の中で、安藤信正老中への暗殺企てが起こりました。

この事件は「坂下門外の変」として歴史に名を残し、幕末期の政治的緊張を象徴する出来事となりました。

東京警視庁設置(1874年)

1874年、日本の近代化の一環として、東京警視庁が設置されました。

これは日本の警察制度が大きく進化するきっかけとなり、以降の治安維持に重要な役割を果たすことになります。

横綱双葉山の敗北(1939年)

1939年、大相撲の横綱双葉山が、前頭三枚目の安芸の海に敗れました。

この敗北は、彼の記録的な連勝を途絶えさせる出来事となり、大相撲の歴史において重要な瞬間でした。

初の「成人の日」(1949年)

1949年には、日本で初めて「成人の日」が祝われました。

これは新成人の門出を祝う日として、日本の社会に新たな伝統を確立しました。

松竹歌劇団の最終公演(1982年)

1982年、松竹歌劇団は浅草国際劇場での最終公演を行いました。

これにより、長い歴史に幕を閉じることになり、日本の演劇界における重要な時代の終わりを告げました。

まとめ

これらの出来事は、日本の歴史における多様な側 面を示しており、1月15日は日本の歴史の中で特別な日と言えるでしょう。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました