1月21日/どんな日だった?薩長同盟、白鳥警部射殺、日ソ航空協定、初の女性大使、ソニー8ミリVTR

今日の歴史

1月21日は、日本史において重要な転換点となる出来事が多く起こった日です。

この日に起きた出来事には、薩長同盟の成立、白鳥警部射殺事件、日ソ航空協定の調印、日本初の女性大使の任命、ソニーによる8ミリVTRの発売が含まれます。

スポンサーリンク

薩長同盟成立(1866年)

1866年、討幕を目指す薩摩藩と長州藩が、坂本龍馬らの斡旋で同盟を結びました。

この同盟は、幕府の崩壊に向けた動きの始まりでした。

白鳥警部射殺事件(1952年)

1952年、白鳥警部が射殺されるという衝撃的な事件が起こりました。

日ソ航空協定調印(1966年)

1966年、日本とソビエト連邦は航空協定に調印しました。

これは両国間の航空路線開設に向けた重要な一歩でした。

日本初の女性大使、高橋展子(1980年)

1980年、高橋展子がデンマーク大使に任命され、日本初の女性大使となりました。

ソニーが8ミリVTR発売(1985年)

1985年、ソニーは8ミリVTRを発売しました。

これはビデオ技術の進展における重要なマイルストーンでした。

まとめ

1月21日に起きたこれらの出来事は、日本の政治、社会、科学技術の発展に大きな影響を与えました。

各出来事は、それぞれの時代における重要な変化を象徴しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました