1月24日:歴史の転機、郵便制度からスペースシャトルまで

今日の歴史

1月24日は、日本の郵便制度の確立から、宇宙への挑戦に至るまで、さまざまな歴史的出来事が記録されています。

今回の記事では、明治時代の郵便制度の始まり、第二次世界大戦後の元日本兵の救出、スペースシャトルの打ち上げ、そして防衛費政策の変化を詳しく探ります。

スポンサーリンク

明治4年(1871年):日本の郵便制度の始まり

この日、前島密を中心としたグループによって日本の近代郵便制度が確立されました。

東京、京都、大阪に最初の郵便役所が開設され、郵便サービスが本格的にスタートしました。

この制度は、日本のコミュニケーションと商業の基盤を大きく変えるものとなりました。

昭和47年(1972年):元日本兵、横井庄一の救出

グアム島のジャングルで、第二次世界大戦後約28年間隠れ住んでいた元日本兵、横井庄一さんが救出されました。

彼の発見は、戦争の長い影響と、人間の生存能力について深く考えさせる出来事となりました。

昭和60年(1985年):スペースシャトル・ディスカバリー号の打ち上げ

この日、スペースシャトル・ディスカバリー号が打ち上げられました。

ディスカバリー号のミッションは、宇宙探査の新たな時代を象徴する重要な一歩でした。

昭和62年(1987年):政府による防衛費GNP1%枠の撤廃

日本政府は、防衛費を国内総生産(GNP)の1%以内に制限する方針を変更しました。

これは、国際情勢の変化と日本の安全保障政策の転換を示す出来事でした。

まとめ

1月24日は、日本の歴史において多様な転換点を迎えた日であることが分かります。

郵便制度の始まりから宇宙探査、そして安全保障政策の変更に至るまで、この日に起こった出来事は、時代の流れとともに日本の顔を形作ってきました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました