1月25日:時の流れを映す、道真の流罪から新幹線の進展まで

今日の歴史

1月25日は、日本史上重要な出来事が多数記録されています。

菅原道真の太宰府への流罪、朝日新聞の創刊、そして上越新幹線大清水トンネルの貫通という、日本の歴史、文化、技術の進展を示す出来事が含まれています。

スポンサーリンク

昌泰4年(901年):菅原道真の太宰府への流罪

宇多天皇と醍醐天皇の下で右大臣まで昇進した菅原道真は、ライバルの藤原時平によって陥れられ、太宰権帥に左遷されました。

彼が京都を去る際に詠んだ悲痛な歌は、後世に大きな影響を与えました。

明治12年(1879年):朝日新聞の創刊

この日、大阪の江戸堀で朝日新聞の第一号が発行されました。

日本のジャーナリズム史において、朝日新聞は重要な役割を果たしています。

昭和54年(1979年):上越新幹線大清水トンネルの貫通

全長22.2キロメートルに及ぶ大清水トンネルがこの日貫通しました。

これは、日本の新幹線技術の進歩と国内交通網の拡充を象徴する出来事です。

まとめ

1月25日は、日本の歴史、メディア、そして技術の発展を反映する日として注目されます。

菅原道真の流罪、朝日新聞の創刊、そして上越新幹線のトンネル貫通は、それぞれの時代における重要な転換点を示しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました