2月5日/どんな日だった?小学校令公布、日本初乗合自動車、八幡製鉄スト、アポロ14号月面着陸、神戸新交通開業、ゴルバチョフ改革案採択

今日の歴史

2月5日は、教育、交通、労働運動、宇宙探査、そして政治改革の分野で、日本や世界の歴史に影響を与えた出来事が起こった日です。

この日には小学校令の公布、日本初の乗合自動車開業、八幡製鉄でのストライキ、アメリカのアポロ14号の月面着陸成功、

神戸新交通ポートアイランド線の開業、ソ連のゴルバチョフ書記長による改革案の採択といった出来事がありました。

スポンサーリンク

小学校令公布(1869年・明治2年)

1869年、小学校の開設が奨励される小学校令が公布されました。

これは日本の近代教育制度の基盤を築く重要な出来事でした。

わが国最初の乗合自動車開業(1905年・明治38年)

1905年、広島市の横川~可部町間を結ぶ日本初の乗合自動車路線が開業しました。

これは日本の交通史における大きな進歩でした。

八幡製鉄でスト(1920年・大正9年)

1920年、八幡製鉄所で職工約24,000人が賃金増額と待遇改善を要求してストライキを行いました。

この出来事は日本の労働運動の歴史において重要な節目でした。

アメリカのアポロ14号が月面軟着陸に成功(1971年)

1971年、アメリカのアポロ14号が月面に軟着陸を成功させました。

これは宇宙探査の歴史における大きな成果でした。

神戸新交通ポートアイランド線が開業(1981年・昭和56年)

1981年、神戸新交通ポートアイランド線が開業しました。

この新しい交通システムは神戸の都市開発に大きな役割を果たしました。

ソ連のゴルバチョフ書記長が複数政党制、大統領制等の改革案を発表し採択(1990年・平成2年)

1990年、ソ連のゴルバチョフ書記長が複数政党制、大統領制を含む改革案を発表し、これが採択されました。

これはソ連及び東欧の政治体制に大きな変革をもたらす出来事でした。

まとめ

2月5日は、日本の教育、交 通、労働運動の歴史と、世界の宇宙探査、政治改革の分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野において大きな影響を与え、現代に至るまでその影響が続いています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました