12月5日: 変革と保存の日 – 冠位から世界遺産まで

今日の歴史

12月5日は、日本の歴史や国際関係、文化保存において重要な出来事が起こった日です。

この日には、聖徳太子による冠位制度の創設、参謀本部条例の制定、日米農産物交渉の妥結、京都の古都保存運動、そして世界遺産の認定という、多岐にわたる出来事がありました。

  • 冠位十二階の制定
  • 参謀本部条例の制定
  • 日米農産物交渉の妥結
  • 京都の古都保存協力税に反対する寺院の拝観停止
  • 広島の原爆ドームと厳島神社の世界文化遺産認定
スポンサーリンク

聖徳太子が冠位十二階を制定

603年、聖徳太子は功績に応じて冠位を授与する冠位十二階を制定しました。

これは日本の社会制度における重要な革新であり、身分制度の変化を促しました。

参謀本部条例の制定

1878年、日本は近代的な軍事組織の構築の一環として参謀本部条例を制定しました。

これは国の防衛体制を強化し、近代化に向けた重要なステップでした。

日米農産物交渉が妥結

1978年、日本とアメリカ間の農産物交渉が妥結し、オレンジや高級牛肉の輸入が増加しました。

この合意は日米の貿易関係において重要な役割を果たしました。

京都市の古都保存協力税導入に反対する寺院の拝観停止

1985年、京都市の古都保存協力税導入に反対し、金閣寺・清水寺を含む10の寺院が拝観を停止しました。

この動きは、文化財の保存と行政との関係における重要な議論を呼び起こしました。

広島の原爆ドームと厳島神社が世界文化 遺産に認定

1996年、広島の原爆ドームと厳島神社が世界文化遺産に認定されました。

これらの認定は、日本の文化と歴史の重要性を国際的に強調しました。

まとめ

12月5日は、社会制度の革新、国際貿易、文化財の保存、そして世界遺産の認定といった、多くの分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、それぞれの分野において大きな影響を及ぼし、現代の日本社会を形成する上で重要な役割を果たしています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました