2023年1月3日/どんな日だった?ツタンカーメンの墓発掘、アラスカ合併、日米繊維交渉

今日の歴史

2023年1月3日は、歴史上重要な出来事がいくつか起こった日です。

この日は、古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓の発掘、アラスカのアメリカ合衆国への合併、そして日米繊維交渉の政府間協定の調印という、三つの大きな出来事がありました。

スポンサーリンク

ツタンカーメンの墓発掘 (1922)

1922年1月3日は、エジプト学史上非常に重要な日です。

この日、イギリスの考古学者ハワード・カーターとそのチームが、ツタンカーメン王の墓を発掘しました。

ツタンカーメンの墓は、盗掘されていない数少ない王墓の一つであり、その発見は世界中に大きな衝撃を与えました。

墓の中からは、黄金の棺や宝物が多数発見され、古代エジプトの豊かな文化と歴史を物語る重要な証拠となりました。

アラスカをアメリカ合衆国に合併 (1959)

1959年1月3日には、アラスカがアメリカ合衆国の49番目の州として合併されました。

この合併により、アメリカは北極圏に直接アクセスできるようになり、戦略的にも重要な地域を手に入れました。

アラスカの合併は、その豊富な自然資源や広大な土地がアメリカ経済に大きな影響を与えることとなりました。

日米繊維交渉の政府間協定 (1972)

1972年1月3日、日米間で繊維交渉の政府間協定がまとまり、米国務省で調印されました。

この協定は、日米経済交渉の最初の大きなステップとなり、後の両国間の貿易関係に大きな影響を与えました。

特に、日本の繊維産業はこの協定により、国際市場での競争力を高めることができました。

まとめ

2023年1月3日は、世界史において重要な出来事が集中した日でした。

ツタンカーメンの墓の発掘、アラスカの合併、日米繊維交渉の政府間協定という三つの出来事は、それぞれの分野で歴史的な意義を持ち、後の世界に大きな影響を与えています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました