2月3日/どんな日だった?大岡越前守任命、消防ポンプ輸入、ルナ9号月面着陸、札幌冬季オリンピック、火星食観測、受精卵移植出産

今日の歴史

2月3日は、日本の歴史や科学技術の分野で多くの重要な出来事が起こった日です。

この日には大岡越前守の江戸町奉行就任、消防ポンプの輸入、ソ連の無人探査機ルナ9号の月面着陸成功、札幌冬季オリンピックの開催、火星食の観測、受精卵移植による出産といった出来事がありました。

スポンサーリンク

大岡越前守が江戸町奉行となる(1717年・享保2年)

1717年、伊勢の山田奉行だった大岡忠相が、八代将軍吉宗の眼鏡にかなって大抜擢され、江戸南町奉行に任じられました。

彼は後に「大岡越前守」として名高い公正な裁判官として知られるようになりました。

消防ポンプ輸入される(1870年・明治3年)

1870年、イギリスから蒸気ポンプが輸入されました。

これはそれまでの手動ポンプに代わる、本格的な消防ポンプの導入の始まりでした。

ソ連の無人探査機ルナ9号が月面軟着陸に成功(1966年)

1966年、ソ連の無人探査機ルナ9号が月面最初の軟着陸に成功しました。

これは人類にとって月面探査の大きな一歩でした。

第11回冬季オリンピック、札幌で開催(1972年・昭和47年)

1972年、札幌で第11回冬季オリンピックが開催されました。

これは日本で初めて開催された冬季オリンピックで、国際的な注目を集めました。

火星食が観察される(1978年・昭和53年)

1978年、月によって火星が隠される現象である火星食が観察されました。

この天文現象は稀であり、科学者や天文愛好家にとって注目のイベントでした。

カリフォルニア大学で世界初の受精卵移植による出産(1984年・昭和59年)

1984年、カリフォルニア大学で世界初の受精卵移植による出産が行われました。

この医療技術の進展は、不妊治療の分野で大きな意義を持ちました。

まとめ

2月3日は、江戸時代の重要な政治的出来事から、科学技術の歴史的な成果に至るまで、 多岐にわたる分野で記憶に残る出来事が多い日です。

これらの出来事は、日本の歴史、科学、スポーツ、そして医学の進歩において重要な役割を果たしています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました