1月27日:歴史の転換点、源実朝の暗殺から曙の横綱昇進まで

今日の歴史

1月27日は、日本の歴史において重要な出来事が多く起こった日です。

この記事では、源実朝の暗殺、日章旗の制定、婦人参政権獲得同盟の成立、重要無形文化財技術の指定、タバコ肺ガン説の提唱、

ロッキード事件の公判、青函トンネルの貫通、そして曙の横綱昇進について詳しく解説します。

スポンサーリンク

建保7年(1219年):源実朝の暗殺

源実朝は、鎌倉の鶴岡八幡宮で右大臣拝賀の式に臨んでいたとき、頼家の子である公暁によって暗殺されました。

この出来事は、鎌倉幕府の歴史における重要な転換点となりました。

明治3年(1870年):日章旗の制定

太政官布告により、日の丸が正式に国旗として制定されました。

これは、日本の国家アイデンティティの象徴となる重要な出来事です。

大正12年(1923年):婦人参政権獲得同盟の成立

この日、女性の参政権獲得を目指す運動団体である婦人参政権獲得同盟が設立されました。

日本における女性の政治参加の歴史において、重要なマイルストーンです。

昭和30年(1955年):重要無形文化財技術の第一次指定

文化財保護委員会が、喜多六平大、浜田庄司、富本憲吉、松田権六らを含む技術者たちの技術を重要無形文化財として指定しました。

日本の伝統文化の保護と継承における重要なステップとなりました。

昭和39年(1964年):タバコ肺ガン説の提唱

厚生省が開催したがん専門家による会議で、「タバコ肺ガン説」が唱えられました。

この説は、その後の日本の喫煙文化に大きな影響を与えました。

昭和52年(1977年):ロッキード事件の丸紅ルート初公判

ロッキード事件における丸紅ルートの初公判が行われました。

この事件は、日本の政治とビジネスの関係に深い影響を与えたスキャンダルです。

昭和58年(1983年):青函トンネルの貫通

着工から19年目にして、青函トンネルの先進導坑が貫通しました。

日本の交通 網における歴史的な成就です。

平成5年(1993年):曙が初の外国人横綱に

曙が史上初の外国人横綱に昇進しました。

大相撲の国際化を象徴する出来事であり、スポーツの世界における大きな話題となりました。

まとめ

1月27日は、日本の歴史において多様な出来事が起こった日であり、それぞれの出来事がその時代の重要な転換点を示しています。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました