2月1日/歴史を彩る多様な出来事:壬申戸籍編成、キップ配給制度、NHKテレビ放送、東京人口1千万人突破、浅間山爆発、老人福祉法改正、ナンバーディスプレイ

今日の歴史

2月1日は、日本の歴史において多くの重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事には、壬申戸籍の編成、衣料品のキップ配給制度の開始、NHKによるテレビ本放送の開始、東京の常住人口が1千万人を突破するなどが含まれます。

スポンサーリンク

壬申戸籍の編成開始(1871年)

1871年2月1日、明治政府は太政官布告一七〇号により、全国的な戸籍の編成に着手しました。

これは社会的身分に基づかず、居住地に基づいた近代日本初の戸籍制度であり、翌年の壬申の年に完成しました。

衣料品のキップ配給制度スタート(1942年)

1942年2月1日、日本では衣料品のキップ配給制度がスタートしました。

これは第二次世界大戦中の資源配分を管理するために導入された制度で、国民の日常生活に大きな影響を与えました。

NHKが東京地区のテレビ本放送開始(1953年)

1953年2月1日、NHKは東京地区でテレビの本放送を開始しました。

一日約四時間の放映で、契約数は八百六十六台でしたが、自作のテレビ受像機も含めると実数はこれの三倍と言われています。

東京の常住人口が1千万人を突破(1962年)

1962年2月1日、東京の常住人口が1千万人を突破し、世界で最初の1千万人都市になりました。

これは都市の成長と拡大を象徴する歴史的な瞬間でした。

浅間山爆発(1973年)

1973年2月1日、浅間山が爆発しました。

この自然現象は、地域の人々に影響を及ぼし、日本の火山活動の監視の重要性を再認識させました。

『老人福祉法』改正(1983年)

1983年2月1日、『老人福祉法』が改正され、70歳以上の医療無料制が廃止されました。

この法改正は、高齢化社会への対応としての社会福祉政策の転換点となりました。

NTTが『ナンバーディスプレイ』サービス開始(1998年)

1998年2月1日、NTTは『ナンバーディスプレイ』サービスを開始しました。

このサ ービスにより、通話者の電話番号を受信前に確認できるようになり、通信の利便性が向上しました。

まとめ

2月1日は、日本の歴史においてさまざまな分野で重要な出来事が起こった日です。

これらの出来事は、日本の社会、文化、技術の発展に大きな影響を与えてきました。

今日の歴史
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
lemon

女性の応援、子育て女性のこれからなど、女性の応援ブログ記事のライター。歴史哲学読書好き。生活暮らし、スキルアップ、お悩みごとなど記事にまとめていきたいと思います。このブログでは近現代の歴史系担当。よろしくお願いいたします。

lemonをフォローする
lemonをフォローする
life-acre.net

コメント

タイトルとURLをコピーしました